親の言うことを素直に聞く子供は危険


読者の役立つ情報を提供したい、
自称『コンテンツ職人』のブログ。


こんにちは、なおとです。

子供がいらっしゃる家庭ならば、よくある話だと思いますが、

子供が言うことを聞いてくれなくて困っている!

というものがあります。

子供には子供のしたい事やりたい事があり、

親の意向通りに100%動く子供なんて普通はいません。

しかし、共働き子育て家庭では特にそうですが、

どうしても親の都合を子供に押し付けてしまうときがあります。

それは、急いでいるときや、面倒なときや、親の言うとおりにしてくれると楽なときなど、

親の意向に沿わせたい場面というものは多々あります。

しかし、子供がその親の意向に沿って動けることって少ないと思います。

大体嫌だと言ったりして、自分の好きなことを始めたりする子供が多いと思います。

そんなときに怒って親の都合のいいように子供を動かそうとすることってありませんか?

私の場合は、忙しいときや思い通りにならないときにイライラしてしまって、

子供に怒ってしまうことがよくあります。

子供側からしたら、またお父さんの機嫌が悪くて嫌だなとか、怒るとこわいから言うとおりにしようと思っているようです。

子供が親の言うとおりにとりあえず動く。

これは子供にとっては自主的に何も考えてない行動で、

小さなうちはまだそれでも良いと思いますが、

親元から離れて社会人として働くようになったときにはとても危ない行動だと思います。

なぜならば、自分が行動する軸というものが親の機嫌や怒って言ったことに左右されてしまっているからです。

お父さんやお母さんがああやって強く言ってくるのを聞いておかないと面倒だからとか、

言う通りに行動しておけば丸くおさまるからその通りにしよう!なんて考えていたら、

その子供は本当に危険です。

その子供は、もう怒られるのが嫌で怒られないように生きていくクセが付いてしまっています。

そして自分のやりたい事、思った事、感じた事を伝えられない感情を抑えつけてしまう子供に育っています。

自分の感情を上手に伝えられないってのはすごくストレスになりますから、

いつか溜まりに貯まった感情が爆発するかもしれません。

怒られないために親の言うとおりに動こうとする子供は、

自分で考えることを放棄してしまっています。

社会に出たら、自分で考えて行動しないといけないのに、

行動できない大人になってしまい、

大変生きづらさを感じてしまうでしょう。

いわゆる良い子。

親の言うことを何でも素直に聞く子供のこと。

そんな良い子がいたら、

その子供の心は健全ではありませんよ。

何でも感情を押し殺す、親の言うとおりにやっているマシーンになってしまっています。

人間なのですから、

子供の意向に沿いながら、

親の意向も話してあげて、

win-winの関係が築けるように

普段から心がけていけたらいいですね。

以上、親の言うことを素直に聞く子供は危険でした。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

子供が駄々をこねたときの3つの対処法
我が子の発音の悪さを改善する3つの方法
共働き子育て家庭の3種の神器
共働き子育て家庭のおもちゃの与え方
親の気持ちを言葉にすると子供が育つ!
オムツ離れさせる3つの方法
共働き子育て家庭の雨の日の過ごし方
祖父母の近くに住む5つのメリット
実践!賢い子供の育て方【遺伝や家は関係ない!図鑑が大事!】
夜泣きを減らす3つの方法
重要だと感じる子供への基本的習慣の指導の仕方
共働き子育て家庭の安らぎの時間
子供を叱るときに意識したい7つのポイント
子供がすねたときの3つの対処法
共働き子育て家庭で大事にしたい親子の会話

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP