我が子の発音の悪さを改善する3つの方法


読者の役立つ情報を提供したい、
自称『コンテンツ職人』のブログ。


こんにちは、なおとです。

下の子がなかなか赤ちゃん言葉から抜け出せてなく、

特にサ行がうまく発音できません。

「清水」のことを「シュミ―」と発音したり・・・。

アンパンマンを見ていて出てくるキャラクターの名前を言うときにも、

「ホラーマン」を「とラーマン」と言ったり、

「おむすびまん」を「おむすみまん」と言ったりします。

他にも言っていることが聞き取れなくて「ん?」と聞き返してしまうことがあります。

聞き返すことがあまりにも多いと、

子供の方もとがめられたような気になってしまい、

段々声が小さくなったり、おしゃべりを積極的にしなくなってしまいます。

このままで我が子の発音は大丈夫なのか?

ちょっぴり心配になりますね。

そこで、どうしたら子供の発音が良くなるのか調べてみました。

スポンサーリンク
1.正しい発音をするには顔や口の筋肉の発達が必要!

正しい発音をするためには、

話すための筋肉を発達させる必要があります。

たくさんおしゃべりをする、

ジュースをストローで飲む、

よく噛んで食べるなど

顔や口の筋肉を使うように心がけてみましょう。

顔や口の筋肉が発達してくれば、

正しい発音ができるようになってきます。

2.子供が間違った発音をしたら、その場で正しい発音をしてあげる!

子供の発音に誤りがあった場合には、

大人が正しい発音をして、やってみせるといいでしょう。

このときに子供の発音の誤りをとがめるように言ってしまうと、

子供は委縮してしまい、

正しい発音で話せなくなってしまう場合もあります。

なるべく子供との会話の中で、

正しい発音をやってみせてあげることが大切です。

正しい発音を繰り返してあげることで、

子供が正しく発音できるように促すことができます。

3.いつもでも大人は赤ちゃん言葉で話しかけない!

いつまでも大人が赤ちゃん言葉で話しかけていると、

その言葉が正しいと子供は思ってしまいます。

なので、いつまでも赤ちゃん扱いせずに、

大きくなってきたら正しい言葉遣いをしてあげることで、

徐々に子供も正しい言葉遣いができるようになります。

もし、子供が好んで赤ちゃん言葉を使っていたら、

赤ちゃんじゃないからもうやめようね!と優しく声をかけてあげるといいです。

お兄さん(お姉さん)になろう!という子供の成長意欲を上手く利用して、

赤ちゃん言葉から脱出させてあげましょう!

まとめ

小さいうちはどうしても、発音がうまくいかないものなので、

心配せずに子供のおしゃべりにとことん付き合ってあげたいものです。

基本的には、大人が正しい発音をしてあげることで、

子供はそれを真似ようとします。

子供は真似る天才ですので、

優しく自然に繰り返し発音してあげることで、

正しい発音が自然とできるようになっていくでしょう。

また大きくなってきて平仮名を覚えるようになってくると、

子供自身が言葉の発音の違いに気づけるようになるので、

自然と正しい発音ができるようになっていきます。

いずれにせよ、焦らずに子供が発音できる機会をたくさん与えているうちに、

子供がおしゃべりが好きに、そして上手になっていくようですね。

以上、我が子の発音の悪さを改善する3つの方法でした。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

noimage
共働き子育て家庭の安らぎの時間
夜泣きを減らす3つの方法
共働き家庭の5つのメリット
実践!賢い子供の育て方【遺伝や家は関係ない!図鑑が大事!】
親の気持ちを言葉にすると子供が育つ!
共働き子育て家庭で大事にしたい親子の会話
子供が就学前に最低限身につけたいマナー7選
子供がすねたときの3つの対処法
子供を叱るときに意識したい7つのポイント
オムツ離れさせる3つの方法
祖父母の近くに住む5つのメリット
重要だと感じる子供への基本的習慣の指導の仕方
育児でのガス抜きはとても大切
共働き子育て家庭の風邪予防7つの対策

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP