【初心者向け】VPSとは?ConoHa VPSの料金比較・クーポンまとめ


読者の役立つ情報を提供したい、
自称『コンテンツ職人』のブログ。


ConoHa 待望の新サービス誕生【ConoHa for Windows Server】

スポンサーリンク

1 VPSとは?【初心者向け】

VPSは、英語で「Virtual Private Server」言います。

日本語に訳すと「仮想(=Virtual) 専用(=Private) サーバー(=Server)となります。

似た言葉で、「レンタルサーバー」や「クラウドサーバー」といった言葉もありますが、

VPS(仮想専用サーバー)はその中間の言葉となります。

VPSでは、レンタルサーバーよりも好きな環境で好きなアプリケーションをインストールして使うことができます。

ここまでで、

サーバー?? アプリケーション??? 仮想!???

などなどのIT用語が出てきて、さっぱり分からない初心者の方にも分かりやすくお伝えすると、

VPSを使えば、

“Macintosh OSのパソコンでWindows OSが使える”

“処理速度が遅いパソコンでも、CPUやメモリに手を加えることなく、高画質動画を楽めるようになる”

といったことが起きます。

とりあえず、VPSを使うと、今までできなかったことができるようになるのです。

何となくご理解頂けましたでしょうか?

VPSについて、もう少し理解を深めるために、マンションを例に出して説明します。

1.1 VPSは賃貸マンションみたいなもの!?

VPSって、仮想って言うだけあって、実体が見えづらいことから、理解もしづらいと思いますので、

“賃貸マンション” に、なぞらえてご説明します。

まず、マンションというのは、いくつかの『住戸』が用意されていますよね。

ここでは全100戸以上の賃貸マンションがあるとします。

同じ賃貸マンションでも、大体『住戸』に種類があって、2LDKとか3LDKとか4LDKとかに分けられます。

子なし夫婦なら2LDKを選んだり、4人家族なら3LDKか4LDKを選んで契約すると思います。

VPSの契約は、賃貸マンションの契約と似ていて、

VPSを契約すると、個々に架空の空間が割り当てられます。

VPSでは、CPUやメモリ、ストレージ(保存容量)の様々なスペックが用意されていて、自分に必要なスペックを選んで契約できます。

CPUは、賃貸マンションで言うと、契約アンペアが30Aの住戸なのか、40Aの住戸なのかといった、設備能力的な部分となります。

メモリやストレージ(保存容量)は、賃貸マンションで言うと、2LDKとか3LDKとか4LDKにあたり、設備空間的な部分ですね。

どのVPSプラン(賃貸マンションの住戸)にするかは、自分が必要としている部分を満たせるように選ぶという訳です。

以上VPSをざっくり説明すると、こんな感じになります。

レンタルサーバーは、物件に例えると、シェアハウスに近くて、共用設備(=CPU・メモリ)は変えられず与えられたものを使うのみで、住戸内の空間(=ストレージ)は自分でカスタマイズすることができます。

クラウドサーバーは、オーダーメイドマンションに近くて、設備と空間を自在に増強したり、変更したりできます。

それではVPSの概要をご理解いただいた上で、VPSのメリットとデメリットをご説明します。

1.2 VPSの【メリット】

VPSのメリットは、好きな設備環境を選んで、仮想空間を借りることができる点です。

一般的に自分に必要なCPUやメモリ、ストレージ(保存容量)などの設備環境を選べるのは、VPSとクラウドサーバーになりますが、

今までは、CPUやメモリ、ストレージ(保存容量)が足りなくなったら、

自宅のPC(サーバー)を増強するか、最新のPC(サーバー)に買いかえないといけません。

ところが、VPSでは、サービス提供側がすべて増強をしてくれるため、面倒なことを自前でやる必要がありません。

また24時間、自宅のPC(サーバー)を稼働させているケースでは、

PC発熱とほこりが融合して火災が生じるなどの事故リスクを抱えなければならなかったり、

膨大な電気を必要とすることから高額な電気代がかかるなど、コスト面で頭を抱えがちです。

VPSでは、サーバーの増強作業が不要で、電気代もかからずサーバー代だけなのでコスト面で有利です。

以上から、

仮想通貨のマイニングを24時間やりたい!
FXの自動売買を24時間やりたい!
24時間快適にインターネットを使いたい!

などなどの要望を叶えることができるのはVPSのメリットです。

1.3 VPSの【デメリット】

VPSのデメリットは、レンタルサーバーよりも高価で、サーバーの構築やメンテナンスを自前でやる必要があり、途中でのプラン変更が難しい点です。

一般的にサーバーをレンタルする場合には、月額制でレンタル料を支払う必要があります。

またサーバーの構築やメンテナンスを自前でやらなければなりません。

従って、自前でやるためにサーバー管理の知識やroot権限、SSHの接続などの知識が必要となります。

この「サーバーの構築やメンテナンスを自前でやる」を例えるならば、

賃貸マンションを借りた後、引っ越し業者に頼まずに自力で、家具や荷物などを動かしたり、また壁紙の張り替えや部屋の模様替えを自前でやる感じに似ています。

サーバーの構築やメンテナンスをやらずに、サービス提供側にお金を払って一任する方法もあります。(例えるなら、引っ越し業者などを頼むという具合ですね。)

また一度契約したVPSプランを途中でスケールアップやスケールダウンすることが、一般的には難しいのがデメリットです。

(賃貸マンションの例で言えば、2LDKは手狭だから3LDKに変更したいとか、4LDKは広すぎだから3LDKにしたいという変更ができないということ。)

レンタルサーバーでは、サーバーの構築やメンテナンスを一任できる点で初心者には有利です。

クラウドサーバーは、スケールアップをすることが自由にできる点で有利です。

2 ConoHa VPSがおすすめな理由

VPSを提供する会社は、何十社とありますが、国内で信頼できるところを探すとなると、数社に絞られてきます。

その中の一つに、GMOインターネット株式会社が提供する『ConoHa VPS』を今回ご紹介します。

特にサーバー上でWindows OSがインストールできる『ConoHa for Windows Server』がおすすめです。

最大のおすすめポイントは、最低利用期間がないため、1時間お試しで使ってみるといったことも可能な点です。

値段の詳細については後述しますが、初期費用が無料で最安3.2円/時間~と手軽に始められる値段設定が魅力的です。

また直感的なコントロールパネルで操作性に優れていて、初心者にも優しい設計となっていることもプラスです。

ConoHa 待望の新サービス誕生【ConoHa for Windows Server】

2.1 ConoHa for Windows Serverの料金

ConoHa for Windows Serverの料金プランです。

7種類あります。すべて初期費用無料で最低利用期間が設けられていません。
※2018年5月時点の調査情報です。最新情報は公式ホームページ(クリック)で確認してください。

プラン CPUコア メモリ ストレージ(SSD) 値段
1GB 2コア 1GB 50GB 1,800円/月(3.2円/時)
2GB 3コア 2GB 50GB 3,200円/月(5.5円/時)
4GB 4コア 1GB 50GB 5,900円/月(10円/時)
8GB 6コア 8GB 50GB 10,500円/月(17.3円/時)
16GB 8コア 16GB 50GB 19,500円/月(31.6円/時)
32GB 12コア 32GB 50GB 48,000円/月(82.4円/時)
64GB 24コア 64GB 50GB 89,000円/月(151.1円/時)

特筆すべき点は、月に1時間しか利用しなくても、月単位の請求にはならず、時間単位での請求となるため、もし最初に選んだプランが気に入らなかった場合は、気軽にプラン変更することができます。

ただし、サーバーは初期状態になっていないと、利用していなくても利用期間内になってしまう点は注意してください。

サーバーの構築は最短25秒からできるようなので、初期状態→サーバー構築→初期状態→サーバー構築を繰り返してもそんなに負担にならないのではと思います。

ConoHa 待望の新サービス誕生【ConoHa for Windows Server】

2.2 ConoHa VPSのクーポン

ConoHa VPSのクーポンがあります。

ConoHa VPSのキャンペーンページから申し込むと、700円オフクーポンが付いてきますので、お試ししたい方はこの機会を逃さないで申し込んだ方が良いですね!

【ConoHa 待望の新サービス誕生】24時間安定稼働の超高速『ConoHa for Windows Server』を提供開始

\新サービスリリース記念/
ConoHa for Windows Serverキャンペーン実施中
★最大7日無料【700円クーポン】プレゼント★

▼キャンペーン詳細

3 まとめ

いかがでしたか?

初心者でも分かりやすいように、マンション物件を例に説明しました。

最新PCを買っても、性能や容量は時代の流れと共に相対的に劣っていきますので、コストパフォーマンス的にはVPSに軍配が上がる時代となってきましたので、初心者の方こそ、一度VPSを体験してみてください。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

スタバドライブスルーで見たいメニュー一覧表(定番ビバレッジ)はこちら!
楽天モバイルの友達紹介【紹介ID・ユーザーID取得】はこちら!
スマホ(android&iphone)・携帯充電器のコンビニ・100均の値段比較!
【2018年6月】楽天スーパーセール・お買い物マラソンはいつ?時期と日程を予想!
財布・携帯(スマホ)・鍵の紛失防止タグ(GPS機能)7種類の比較2018!
財布を盗まれた(落とした)時の即行対処法と紛失防止でやるべき事!
クワガタムシの飼育用品を揃えるならダイソーがおすすめ!
楽天マガジンの対象雑誌ラインナップは?期間限定ポイントで支払い!
【必見】WiMAX2の速度制限(通信制限)が解除されない時の対処法!
WiMAX2台目(複数)契約と即日店舗受け取りならブロードワイマックスが最安!
スマホ決済(モバイル決済)大手8社の導入比較【2018】スクエア・Times Pay(タイムズペイ)・AirPAY(エアペイ)がおすすめ!
ネット決済(オンライン決済)サービスの種類とメリット・デメリットを徹底比較!
【瞬殺】ひどい寝癖のおすすめ直し方は?5分も要らない寝癖直し!
コバエ・蚊を素手で確実に殺す方法
チキン(もも肉)ソテー!ビールで柔らかく&皮パリパリになる焼き方

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP