高速道路・一般有料道路を安く走る7つの方法


読者の役立つ情報を提供したい、
自称『コンテンツ職人』のブログ。


こんにちは、なおとです。

今回は、高速道路・一般有料道路を安く走る7つの方法について書きたいと思います。

これから紹介する方法は、ETCカードと車載器がないと高速道路を安く走る特典が受けられません。

この2点が揃っていない方は揃えましょう!

ちなみに、個人事業主・法人の車で首都高速、阪神高速をよく走る場合はこちらの、ETCカードをオススメいたします。



また個人事業主・法人の方で高速道路を走る場合はこちらの、ETCカードをオススメいたします。



それでは高速道路・一般有料道路を安く走る7つの方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

1.休日割引が適用される!

土日祝日に普通車、軽自動車(二輪車)限定で、

地方部の高速料金が30%引きになります。

休日に地方へお出掛けする方は是非利用したいですね!

2.深夜割引が適用される!

毎日0時~4時の間に通行した全車種で

高速料金が30%引きになります。

3.ETCマイレージポイントが貯まる!

ETCマイレージサービスに登録(無料)すると、

高速道路を利用した分に対してポイントが付きます。

※10円で1ポイント付く。

付いたポイントは、高速道路通行料金の支払いに使うことができます。

ポイントの還元額は以下の通りです。※東/中/西日本高速道路株式会社の場合

1000ポイント→500円の無料通行分 5%還元
3000ポイント→2500円の無料通行分 8.3%還元
5000ポイント→5000円の無料通行分 10%還元

ポイントをたくさん貯めてからの方が還元率がいいです。

ちなみにポイントに有効期限があるので注意が必要です。

4.平日朝夕割引が適用される!

ETCマイレージサービスに登録されている方は、

平日の朝6時~9時、夕17時~20時に利用した回数に合わせて、

30%引き(5回~9回)、50%引き(10回以上)になります。

ちなみに全車種対象で、最大100kmまで割引対象になります。

5.期間限定のドラ割を利用する!

期間限定、限定エリア内の高速道路料金が安くなります。

時期によって、エリアや期間が異なりますので、

HPにてご確認ください。

6.大口・多頻度割引を利用する!

ETCコーポレートカードを利用承認を受けた方が利用できます。

別途申請が必要になります。



6.1高速国道の大口・多頻度割引

【車両単位割引】
1台ごとの1ヶ月の高速料金に対し、次の割引率が適用されます。

5,000円~10,000円  割引率:10%(※20%)
10,000円~30,000円 割引率:20%(※30%)
30,000円~      割引率:30%(※40%)
※()内は、、ETC2.0搭載車両に適用される割引率(措置期間は平成30年3月末まで)

【契約単位割引】
契約者様の1ヶ月の高速料金の合計が500万円を超え、かつ、契約者様の車1台あたりの1ヶ月平均の利用額が3万円を超える場合
割引率:10%

6.2一般有料道路の大口・多頻度割引

【車両単位割引】
1台ごとの1ヶ月の一般有料道路に対し、次の割引率が適用されます。

5,000円~10,000円  割引率:10%(※20%)
10,000円~30,000円 割引率:20%(※30%)
30,000円~      割引率:30%(※40%)
※()内は、、ETC2.0搭載車両に適用される割引率(措置期間は平成30年3月末まで)

【契約単位割引】
契約者様の1ヶ月の一般有料道路の合計が500万円を超え、かつ、契約者様の車1台あたりの1ヶ月平均の利用額が3万円を超える場合
割引率:5%

7.首都高速道路・阪神高速道路の新割引制度を利用する!

ETCコーポレートカードを利用承認を受けた方が利用できます。

別途申請が必要になります。


【車両単位割引】
[基本割引率]
ETCコーポレートカード1枚毎の1ヶ月の高速料金に対し、次の割引率が適用されます。

5,000円~10,000円  割引率:10%
10,000円~30,000円 割引率:15%
30,000円~      割引率:20%

[拡充割引率]
ETCコーポレートカード1枚毎の1ヵ月の割引対象額のうち中央環状線の内側を通行しない利用分
10,000円~     割引率:5%

【契約単位割引】
以下の条件を満たす場合に限り、1か月の割引対象額の合計に対して、次の割引率が適用されます。

•1か月の割引対象額の合計が100万円以上である
•上記合計額を大口・多頻度割引の対象となるETCコーポレートカードの枚数で割った金額が5,000円以上である

割引率:10%

※措置期間は平成38年3月末まで

以上、高速道路・一般有料道路を安く走る7つの方法でした。

時間、エリア、利用回数に応じて割引特典を上手に使って節約しましょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

<電力自由化>(JXエネルギー)ENEOSでんきの料金比較
【裏情報】TastyTableテイスティテーブル半額クーポンでお試しする方法!
トイレットペーパーとティッシュどっちが安い?実際に比較してみた!
食費節約のためのレシピ『鶏胸肉の唐揚げ』
楽天ROOM(ルーム)で商品を買わずにオリジナル写真を投稿する方法!【楽天レンタル】
自家製プリンと市販プリン、どっちが安い?
ソニー銀行の紹介キャンペーン特典で10,480円ゲット【おすすめ】
【裏ワザ】ティッシュペーパーを倍にして無駄遣いせずに使う方法
【裏ワザ】台風19号募金で楽天ポイントを寄付して節税する方法を解説!
楽天マガジンの対象雑誌ラインナップは?期間限定ポイントで支払い!
<電力自由化>(ミツウロコグリーンエネルギー)東京標準プランの料金比較
楽天カードのポイント還元率・メリット・特典・レビュー
【裏情報】レゴランドの東海地方割引・半額クーポン・優待特典は?
【裏ワザ楽天募金】楽天ポイントでふるさと納税して寄付金控除で節税する方法!~西日本(九州・四国・中国)豪雨~
<電力自由化>(イーレックス・スパーク・マーケティング)従量電灯Bの料金比較

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP