年金を安く納める方法


読者の役立つ情報を提供したい、
自称『コンテンツ職人』のブログ。


こんにちは、なおとです。

今回は年金を安く納める方法について書きたいと思います。

ところで皆さんは年金を納めていますか?

私は会社員なので毎月給料から天引きされています。

国民年金の方は自主的に納めないと減額されるので注意が必要です。

6か月間保険料を納めないと生涯の年金が年間1万円減額されます。

1年間保険料を納めないと生涯の年金が年間2万円減額されます。

2年間保険料を納めないと生涯の年金が年間4万円減額されます。

もし、納め忘れがある方は、年金事務所に問い合わせすれば、

未納期間が分かり、一定期間さかのぼって納めることができますよ。

さて、今回のテーマである年金を安く納める方法についてですが、

国民年金保険料だけがその方法を使うことができます。

1.口座振替を翌月末日振替から当月末日振替にすると50円安い。

早割と呼ばれていますが、

4月分の保険料を通常は5月末日に払いますが、

これを4月末日に口座振替するようにすると

50円割引が適用されます。

これを20歳~60歳までやれば、

40年×12か月×50円=24,000円のお得になりますよ!

2.口座振替による前納をすると最大10,720円安い。

毎月の納付保険料が15,250円の場合、

6か月前納すれば、通常91,500円が90,460円と1,040円安いです。

1年間前納すれば、通常183,000円が179,160円と3,840円安いです。

2年間前納すれば、通常366,000円が355,280円と10,720円安いです。

20歳~60歳で2年間前納にすれば、

合計214,400円のお得になりますよ!

納めるなら、口座振替による前納がおススメです。

以上、年金を安く納める方法でした。

 
 
 


節約・貯蓄 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

通信費を年間12万円節約する方法
【裏マニュアル】クラブオフに無料で会員登録するたった3つの方法を暴露!
【保存版】切手をクレジットカードで買う3つの方法
ふるさと納税(申し込みから確定申告の仕方まで簡単解説)
自家製ソイラテ(スタバ風)で節約
電気代節約のために洗濯乾燥機を一回使うといくらかかるか?調べてみた。
トイレでできる節約術
節ガスになる5つの方法
食費節約のためのレシピ『鶏胸肉の青椒肉絲』
水道代を節約する方法~精神編~
【おすすめ】トイレットペーパーを安く買う方法|まとめ買いで激安12円!
トイレクリーナーを節約する方法
年賀状を安く買う方法
<電力自由化>(ミツウロコグリーンエネルギー)東京標準プランの料金比較
【裏情報】TastyTableテイスティテーブル半額クーポンでお試しする方法!

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP