通信費を年間12万円節約する方法


読者の役立つ情報を提供したい、
自称『コンテンツ職人』のブログ。


こんにちは、なおとです。

今回は、通信費を年間12万円節約する方法について書きたいと思います。

我が家は夫婦で大手キャリアのスマホを使っていたため、

月々の支払いが最低でも14,000円はしていました。

しかし、格安スマホにしてからは月々の支払いが夫婦で

4,000円です!

年間12万円の節約です!!

でも、格安スマホって安い代わりに

通話も不安定そうだし、通信容量や通信速度も大丈夫なの?という不安な方!

私は、機種はXperia Z3 compact、SIMはOCNモバイルONEの音声SIM(110MB/日プラン)を使ってそろそろ1年になりますが全然問題ありません。

確かに大手キャリア時代よりも、データ通信の容量はパケ放題ではないので小さいですが、一日110MBでも使いきれないです。

値段がこんなに安くて通話もデータ通信も安定してるなら格安スマホはお得ですよ。

あえてデメリットを上げるならば、

リアルタイムで着信があるキャリアメールが使えないこと。

格安スマホではフリーメールを使うので、

アカウント設定で自動転送しても最大5分のタイムラグがあります。

実際5分遅れて着信があってもほとんど問題ありません。

ちなみに、OCNモバイルONEの音声SIMならば、SMS(ショートメッセージサービス)が使えるのでリアルタイムでメールのやり取りが可能です!

リアルタイムにこだわるならば、OCNモバイルONEの音声SIMがオススメです。

あとデメリットを上げるならば、

携帯が故障した際に自分でメーカーとやり取りしないといけないことでしょうか。

私はまだ故障したことはないのですが、XperiaはSONY製なのでサポートも問題ないかと思います。

ちなみに、機種とSIMには組み合わせがあって、間違えると使えないのでご注意を!

OCNモバイルONEの音声SIMはどの機種で使えるかHPで確認できますので、初心者にとっては安心ですよ。



私の中では、格安スマホは大手キャリア時代とトータルでみて遜色ないので格安スマホにして本当によかったです。

もう一度言いますが、年間12万円の節約はデカいです!

以上、通信費を年間12万円節約する方法でした。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

【裏マニュアル】ベネフィット会員に無料でなるたった3つの方法を暴露!
ふるさと納税(申し込みから確定申告の仕方まで簡単解説)
キャラクターグッズが安くなるとき
<電力自由化>(イーレックス・スパーク・マーケティング)従量電灯Bの料金比較
最近の合宿免許はこんなにすごい!
noimage
【楽天SPU攻略】楽天証券の倍率がアプリに反映されないときの対処法!
<電力自由化>(東京ガス)ずっとも電気1の料金比較
食費節約のためのレシピ『ぶり大根』
外食費を節約する7つの方法
【SNS調査】ライバルが多いAmazonプライムデーの目玉商品2018ランキング!
noimage
<電力自由化>(JXエネルギー)ENEOSでんきの料金比較
【基本】家庭でできる夏の節電方法9選
食費節約のためのレシピ『もやしの豚肉巻き』

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP