祖父母の近くに住む5つのメリット


読者の役立つ情報を提供したい、
自称『コンテンツ職人』のブログ。


こんにちは、なおとです。

今回は、共働き子育て家庭における祖父母の近くに住む5つのメリットをご紹介したいと思います。

子供が小さい家庭ならではの悩みがなくなりますよ。

1.子供が発熱して保育園で預かってもらえないとき、代わりに面倒をみてもらえる!

共働き子育て家庭では、夫婦ともに会社が休めないときに限って、子供の調子が悪くなったりしませんか?

仕事が忙しいのに会社を休むときって辛いですよね。

同僚に仕事をお願いしないといけなかったりと

何かと職場に迷惑がかかってしまいます。

そんなとき、祖父母の近くに住んでいたら助けてもらえます!

仕事を休まずに安心して育児をお願いできます。

2.保育園に迎えに行けないとき、代わりに迎えに行ってもらえる!

仕事がピンチで急な残業になってしまったら、

保育園の迎えが間に合わない!なんてことが起こります。

帰りが保育園の預かり時間を超えてしまうとき、

祖父母が近くに住んでいたら、力を借りられます!

代わりに迎えをお願いできて、大助かりです。

3.保育園が休みだけど子供を預けたいとき、代わりに面倒をみてもらえる!

日曜日は保育園は休みなのが普通です。

そんなとき、夫婦で結婚式に呼ばれたけど、

子供を連れていけない!

または休日出勤になってしまい、子供の面倒が見れない!

こんなときも、祖父母が近くにいれば代わりに面倒をお願いすることができます。

有り難いですよね。

4.祖父母と孫の遊ぶ時間がたくさん取れる!その間は、両親は貴重な育児休憩タイムです!

祖父母の近くに住んでいれば、

おじいちゃんやおばあちゃんが孫と接する時間が自然と増えます。

孫は目に入れても痛くないというように、

おじいちゃんとおばあちゃんにとってはかわいい孫との触れ合いは嬉しいものです。

またその間は、両親が育児から解放されるときでもあります!

束の間の休憩ではないですが、

程よく休む時間が取れていいですよ!

5.小1の壁を乗り越えられる!

おそらく祖父母の近くに住む最大のメリットは、これではないでしょうか?

そもそも小1の壁をご存知でしょうか。

保育園では申請すれば延長保育ができて、だいたい20時まで預かってもらえます。

しかし、小学生にあがると放課後は学童保育クラブに入り、普通は18時までしか預かってもらえません。

時短勤務のない夫婦にとっては、何が何でも18時までに迎えに行かなくてはならないのです。

まさか、子供を一人で帰宅させて家でまたせるなんてことはできませんよね?

なかなか迎えに行けない家庭が多く

この高い障壁は小1の壁と呼ばれています。

どうしてもダメなときには、お金を払って民間の施設に預かってもらうしかないのですが、

祖父母の近くに住んでいれば、18時以降もただで面倒をみてもらえます!

祖父母には本当に感謝しないといけませんね!

ちなみに、5つのメリットに上げていませんが、

ある脳科学者によれば、

祖父母と接する機会がある子供は、ない子供よりも頭がよくなるそうです。

また両親が教えられないことを祖父母が教えられることが結構あり、

子供にとっても祖父母が近くにいると良いようです。

さらに、孫と接すると祖父母はボケ防止になり、

長生きをする傾向があるそうです。

双方に良いこと尽くしです!

もし、これからマイホームを買おうとしている方がいるなら、立地は祖父母の近くがオススメですよ!

以上、祖父母の近くに住む5つのメリットでした。

おすすめ記事

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

夜泣きを減らす3つの方法
乱暴する困った我が子への対処法
共働き子育て家庭の安らぎの時間
【クーポン付?】ポケモンのキャラレターの金額とリアル体験口コミ!
共働き子育て家庭のおもちゃの与え方
実践!賢い子供の育て方【遺伝や家は関係ない!図鑑が大事!】
共働き子育て家庭の風邪予防7つの対策
noimage
親の気持ちを言葉にすると子供が育つ!
共働き子育て家庭の雨の日の過ごし方
Kit Oisixお試し(2,425円)の感想とレビュー!ご飯支度を楽々簡単時短化!
子供を叱るときに意識したい7つのポイント
オムツ離れさせる3つの方法
重要だと感じる子供への基本的習慣の指導の仕方
育児でのガス抜きはとても大切

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP