節ガスになる5つの方法


読者の役立つ情報を提供したい、
自称『コンテンツ職人』のブログ。


こんにちは、なおとです。

今回は節ガスになる5つの方法をご紹介いたします。

1.お風呂の水は朝のうちにはっておく!

冬場の水は、外気温の影響を受けて水道管から冷たくなった水が出てきます。

この冷たい水をすぐに沸かすよりも、

昼間の暖かい時間に予め水を張っておき、

日中上がった気温によって水を温めておいた方が節ガス効果につながります。

ちなみに出来るならば、

ポリタンクに水を入れて、

昼間は太陽のもとで黒いビニールに包んで置いておくとより温度が上がりやすいです。

2.お風呂では保温シートを使う!

100円ショップでも売っている保温シートを使うことで

お風呂のお湯を沸かしやすく、冷めにくくすることができます。

ある企業の実験結果によれば、沸かしたお風呂のお湯は何も蓋をしていない状態で1時間経過するごとに3度下がります。

保温シートをしていた場合には1時間経過するごとに1度下がります。

その差は2度もあり、沸かしなおす場合には追い炊きでガスを使うことになります。

ちなみに、お風呂の蓋と保温シートを両方していた場合は1時間経過するごとに0.5度しか下がらないため、

より節ガス効果を見込むことができます。

3.お風呂に入るときは家族でまとめて入る!

先ほども申し上げたとおり、お風呂は時間が経過するごとにどんどん冷たくなっていきます。

家族4人が4時間にわたってバラバラに入るとなると、

最高12度もお風呂のお湯が冷たくなってしまい沸かしなおさなければなりません。

家族でまとめてお風呂に入れば、沸かし直しをせずに済むため、大きな節ガス効果につながります。

4.コンロの火は鍋の底からはみ出ないようにする!

調理で鍋に火をかけるときには、コンロの火が鍋の底からはみ出るようにすると無駄なガスを使うことになります。

鍋の底からはみ出ないように中火くらいに設定して使うと効率よくエネルギーを使うことができます。

5.お湯を沸かすときには鍋ややかんの蓋をする!

お風呂のときと同様に熱エネルギーが蓋をしていない場合だと

上から逃げてしまい沸かす効率が悪くなってしまいます。

お湯を沸かすときには鍋ややかんに蓋をしましょう!

そうすることで節ガス効果につながります。

以上、節ガスになる5つの方法でした。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

食費節約のためのレシピ『鶏胸肉の唐揚げ』
スマホ(android&iphone)・携帯充電器のコンビニ・100均の値段比較!
自動車税をお得に支払う2つの方法
ヨドバシカメラゴールドポイントカード+のメリット・特典・レビューまとめ
【基本】家庭でできる夏の節電方法9選
【裏料金】レゴランド大阪の割引料金・年パス・クーポン・優待特典まとめ!
食費節約のためのレシピ『もやしの豚肉巻き』
楽天マガジンの対象雑誌ラインナップは?期間限定ポイントで支払い!
【裏情報】TastyTableテイスティテーブル半額クーポンでお試しする方法!
ふるさと納税(申し込みから確定申告の仕方まで簡単解説)
【おすすめ】トイレットペーパーを安く買う方法|まとめ買いで激安12円!
<電力自由化>(東燃ゼネラル石油)従量電灯Bの料金比較
【全手順】J’sコンシェルの登録方法&おすすめの使い方を解説!
トイレでできる節約術
【裏情報】イオンオーナーズカードの期限や使い方と家族特典すべて!

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP