新しく沸かすのと追い炊き、どっちが安い?


読者の役立つ情報を提供したい、
自称『コンテンツ職人』のブログ。


こんにちは、なおとです。

今回はお風呂をたてるのに『新しく沸かす』と『追い炊き』どちらが安いか検証してみたいと思います。

我が家では以前から疑問がありました。

それは、『新しくお風呂を沸かす』と『追い炊き』をするのではどちらが安いか?

というものでした。

今回、ガスメーターを見ながら検証してみました。

まず、『新しくお風呂を沸かす』方から。

お湯を入れる前のガスメーターはこちらです。
新しくお風呂を沸かす前(風呂蓋あり)

お湯張りのスイッチを押してお風呂が沸くのを待ちます。

・・・15分後、”お風呂が沸きました!”ということで再びガスメーターを見に行ってきました。
新しくお風呂を沸かす後(風呂蓋あり)

『新しくお風呂を沸かす』のに必要なガスは、

.106㎥-.523㎥=0.583㎥です!

1㎥=143.53円より、0.583㎥=83.68円かかっています。

また水を新しく130ℓ使用するため、さらに16.9円かかります。

『新しくお風呂を沸かす』のに必要なコストは、100.58円です。

次に『追い炊き』をする方のメータを見てみましょう。

こちらは次の2パターンやりました。

1.風呂蓋をして追い炊きをする。
2.風呂蓋+保温マットをして追い炊きをする。

まずは1.の方から。

追い炊きをする前はこちらです。
追い炊き前(風呂蓋あり)

追い炊きが終わった後はこちらです。
追い炊き後(風呂蓋あり)

『追い炊き(風呂蓋あり)』に必要なガスは、

.222㎥-.945㎥=0.277㎥です!

1㎥=143.53円より、0.277㎥=39.76円かかっています。

追い炊きなので水道代はかかりません。

次に2.の方で、追い炊きする前がこちらです。
追い炊き前(風呂蓋あり・保温マットあり)

追い炊きが終わった後はこちらです。
追い炊き後(風呂蓋あり・保温マットあり)

『追い炊き(風呂蓋+保温マットあり)』に必要なガスは、

.216㎥-.979㎥=0.237㎥です!

1㎥=143.53円より、0.237㎥=34.02円かかっています。

保温マットを使用すると約5円の節約になります。

以上からまとめると、

『新しくお風呂を沸かす』=100.58円
『追い炊き(風呂蓋あり)』=39.76円
『追い炊き(風呂蓋+保温マットあり)』=34.02円

となり、

一番コストが安いのは『追い炊き(風呂蓋+保温マットあり)』でした。

以上、新しく沸かすのと追い炊き、どっちが安い?でした。

 
 
 


節約・貯蓄 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

<電力自由化>(東燃ゼネラル石油)従量電灯Bの料金比較
楽天マガジンの対象雑誌ラインナップは?期間限定ポイントで支払い!
キャラクターグッズが安くなるとき
野菜を安く買う2つの方法
高速道路・一般有料道路を安く走る7つの方法
noimage
プリペイドカードを安く買う方法
食材を安く買う7つの方法
【裏情報】TastyTableテイスティテーブル半額クーポンでお試しする方法!
【基本】家庭でできる冬の節電方法9選
【世界初】炭酸氷シュワポップの全国販売店を調査!コンビニ・通販(楽天・Amazon)の値段は?
年賀状を安く買う方法
<電力自由化>(イーレックス・スパーク・マーケティング)従量電灯Bの料金比較
固定資産税・都市計画税をお得に支払う3つの方法
電気代を節約する方法~精神編~

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP