Slider

我が家の家計の話(2016年1月)


読者の役立つ情報を提供したい、
自称『コンテンツ職人』のブログ。


こんにちは、なおとです。

今回は共働き子育て家庭である我が家の家計の話を書きたいと思います。

共働き子育て家庭では、

仕事に家事に育児に忙しくて、

家計の管理をする時間があまり取れません。

支出はなんとなく使った分がいつも支出となってしまう。

収入は夫婦で合算しているから余裕と思いがちである。

こんな感じで生活しているといつの間にか浪費していたり。

共働き子育て家庭では計画的に貯蓄や支出することが難しいのです。

支出がいつもなんとなく出ていく傾向を見直して、

予算を立ててその範囲で使うように本気で家計に向き合います。

スポンサーリンク

我が家の7,000万円貯蓄計画について

我が家では私の収入が手取りで25万ほどです。

妻の収入から保険や税金の支払いをして、残りをすべて貯金すると、年間で大体200万円くらいになります。

そして私の手取りから毎月3万円ほどを貯金していくのが目標です。

つまり一年間で236万円貯まる計算ですね。

これを30年ほど繰り返すと、

236万円×30年=約7,000万円となります。

2016年からこんなざっくりとした計画を実行しています。

我が家の家計簿について

それでは前月の家計簿を収集したのでそれについて話したいと思います。

まず先月立てた予算がこちらです。

1か月の生活費を25万円としたとき、

それぞれの予算は以下の通りとしました。

生活費用収入250,000円

食費 59,964円
日用品 4,556円
被服費 2,351円
趣味・レジャー費 12,872円
住居費 68,600円
水道光熱費 22,338円
通信費 7,965円
教育 33,680円
貯蓄 37,674円
―――――――――――――――――――――
合計支出額 250,000円

現状をみると思ったより貯蓄できていたので少し安心しました。

食費については、外食費が10,000円ほど占めているのでこれをもっと削減できればいいと思いました。

また今月の被服費はたまたまかなり安く抑えられていますが、

年間の平均支出額としてはもう少し増えるのが現実的です。

他には暖房費用が高くつき、水道光熱費が多くなってしまったので

少し節約していこうと思います。

次に、あるファイナンシャルプランナーさんの理想の支出比率を元に

我が家の理想の支出比率を以下の通りに定めました。

食費 20%
日用品 2%
被服費 3%
レジャー費 3%
住居費 28%
水道光熱費 6%
通信費 3%
教育 14%
貯蓄 21%

1か月の生活費を25万円としたとき、

それぞれの支出金額は以下の通りです。

食費 50,000円
日用品 5,000円
被服費 7,500円
趣味・レジャー費 7,500円
住居費 70,000円
水道光熱費 15,000円
通信費 7,500円
教育 35,000円
貯蓄 52,500円
―――――――――――――――――――――
合計支出額 250,000円

2月はこれを目標に取り組んでいきたいと思います。

3月には2月の結果を確認したいと思います。

以上、我が家の家計の話(2016年1月)でした。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

我が家の家計の話(2016年9月)
我が家の家計の話(2016年7月)
我が家の家計の話(2016年3月)
我が家の家計の話(2016年4月)
我が家の家計の話(2016年5月)
noimage
我が家の家計の話(2016年6月)
noimage
ライフプランを作成する3つのメリット
我が家の家計の話(2016年2月)
保険マンモス無料相談の口コミ評判の裏側を暴露!上級FP指名方法は?
noimage

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP