UTme!マーケットに出品してデザイン料を稼ごう!


読者の役立つ情報を提供したい、
自称『コンテンツ職人』のブログ。


こんにちは、なおとです。

2014年5月からユニクロがサービスを開始した、

『UTme!(ユーティーミー)』。

まもなく2年が経とうとしています。

今回はこのUTme!(ユーティーミー)について、ご紹介いたします。

そもそもUTme!(ユーティーミー)とは?

UTme!(ユーティーミー)とは、自分でデザインしたTシャツをアプリ上で販売できるサービスのことです!

写真やテキスト、ペイント、スタンプを自由に組み合わせて、

オリジナルデザインのTシャツやスウェットシャツ、トートバッグを作ることができます。

UTme!(ユーティーミー)のアプリから

チームでオリジナルチームTシャツを作ったり、

オリジナルシャツを作ってマーケットに出品・販売をして利益を得ることもできます。

UTme!(ユーティーミー)のアプリでオリジナルTシャツの作り方から注文までのやり方

まず、素材選びから。

写真やテキスト、ペイントなどを使って、

絵を描きます。
UTme!マーケットに出品してデザイン料を稼ごう!1

次に描いた絵を加工するためのエフェクトを選びます。
UTme!マーケットに出品してデザイン料を稼ごう!2

スマホを振る度に

描いた絵がどんどん変化していきます。
UTme!マーケットに出品してデザイン料を稼ごう!3

以上でデザイン完了!

作った直後に注文することができます。
UTme!マーケットに出品してデザイン料を稼ごう!4

注文金額はそれぞれ以下のとおりです。

Tシャツであれば、1,990円+税。

スウェットシャツであれば、3,990+税。

トートバッグであれば、2,490円+税。

配送料は250円+税。

5,000円以上のお買い上げで無料となります。

注文後、5~7日ほどで商品が届きます。

UTme!(ユーティーミー)マーケットに出品しよう!

UTme!(ユーティーミー)マーケットにデザインを初めて出品する際は、

クリエイター登録が必要になります。

氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、売上を受け取るための振込先の情報を入力します。

登録完了後、出品するためのオリジナルデザインを作ります。

オリジナルデザインが出来たら、出品のための審査を申請します。

出品されたデザインはデザインガイドラインに照らし合わせ、問題がないかユニクロが審査をおこないます。

審査期間は、1~2週間ほど!

無事審査を通過すると、デザインがUTme!マーケットに出品されます!!

オリジナルデザインがUTme!(ユーティーミー)スタッフの目に留まれば、

おススメというコーナーで紹介してもらえます!

そして、1枚売れるごとにデザインしたユーザーに対して

デザイナー料300円が懐に入ってきます。

沢山売れれば、副業やお小遣い稼ぎにもなるかと思います。

以上、UTme!マーケットに出品してデザイン料を稼ごう!でした。

皆さんも自分だけのオリジナルTシャツを作って、

UTme!(ユーティーミー)に参加してみてはいかがでしょうか?

(出典:UTme![http://utme.uniqlo.com/])

 
 
 


節約・貯蓄 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

おすすめ記事

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

【CASHb for 楽天銀行】はハッピープログラム対象?キャッシュビーアプリの違い・登録・やり方を解説!
楽天ROOM(ルーム)で商品を買わずにオリジナル写真を投稿する方法!【楽天レンタル】
【裏ワザ】楽天ROOM(ルーム)のボーナスポイントを現金化するメソッド!
noimage
noimage
楽天ROOM(ルーム)のプロフィール画像で売上を伸ばす施策5選!
楽天ROOMで「いいね」する大事な目的と意味とは?私はこれで稼ぐ!
【重要】楽天ROOMをやる目的が稼ぐだけの人は稼ぎづらい理由を考察!
楽天ROOM(ルーム)で売上があがるコレのやり方を全部解説する!
売れる楽天ROOMの名前とプロフィールの設定と仕組みを考察!
【HP公開中】さいつくでのアフィリエイトサイトの作り方(できる事・できない事)
楽天ROOM(ルーム)ランク1からランク5にレベルアップする5つの方法!
アンケートに答えてお小遣い稼ぎ!リサーチパネルがおススメ!
楽天ROOM(ルーム)でライバルに差をつける攻略ツールを紹介する!
楽天ROOM(ルーム)の足跡と言うべき、お知らせ画面の仕組みと見方!

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP