食材を安く買う7つの方法


読者の役立つ情報を提供したい、
自称『コンテンツ職人』のブログ。


こんにちは、なおとです。

今回は食材を安く買う7つの方法について書きたいと思います。

我が家では、イオンとイトーヨーカドーの2大スーパーを上手に使い分けて食材を安く買っています。

1.毎月8の付く日はイトーヨーカドーで買う!

イトーヨーカドーでは、毎月8の付く日はハッピーデーと題して、セブンカードなどの指定のクレジットカードの支払いまたはnanacoカードのお支払いで5%割引にしてくれます。

ちなみに私はセブンカードプラスというクレジットカードで支払いして、200円で3nanacoポイント付けてもらい実質還元率を6.5%ととしています。

2.毎月20日と30日はイオンで買う!

イオンでは、毎月20日と30日にお客様感謝デーと題して、イオンマークの付いたクレジットカードのお支払いまたはWAONカードでのお支払いで、5%割引にしてくれます。

ちなみに私はイオンカードセレクト(WAON一体型)でオートチャージしたWAONポイントで支払いして、実質還元率を6.5%ととしています。

3.毎月10日はイオンで買う!

イオンでは、毎月10日はありが10デーと題して、イオンマークの付いたクレジットカードまたはWAONカードのお支払いで、ポイントが5倍(200円で5ポイント付く)になります。

ちなみに、私はイオンカードセレクト(WAON一体型)でオートチャージしたWAONポイントで支払いして、実質還元率を3%ととしています。

4.毎月5の付く日はイオンで買う!

イオンは、毎月5の付く日にお客様わくわくデーと題して、イオンカードでのお支払いまたはWAONカードでのお支払いで、ポイントが2倍(200円で2ポイント付く)になります。

ちなみに、私はイオンカードセレクト(WAON一体型)でオートチャージしたWAONポイントで支払いして、実質還元率1.5%ととしています。



5.プライベートブランドを買う!

イオンやイトーヨーカドーでは、プライベートブランドの商品を売っています。

同じ品質のものでも、プライベートブランドで買えばより安く手に入ります。



6.夜に買いに行く!

刺身や惣菜などは、夜になると最大半額くらいまで割引シールが貼られます。

時間をずらすことで安く手に入ります。

7.生鮮食品は安くまとめ買いして冷凍保存!

セールで生鮮食品が安いときはまとめ買いしましょう。

家に帰ってきたら、ラップに包んで急速冷凍に!

これで1ヶ月は持ちます。

安いときはまとめ買い→冷凍保存でお得に買いましょう。

以上、我が家が実践する食材を安く買う7つの方法でした。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

キッチンペーパー激安店はどこ?コンビニ・100均・通販の値段の最安値を比較!
食費節約のためのレシピ『鶏胸肉の唐揚げ』
高速道路・一般有料道路を安く走る7つの方法
自家製ソイラテ(スタバ風)で節約
REXカードのメリット・特典・レビューまとめ
【裏情報】TastyTableテイスティテーブル半額クーポンでお試しする方法!
氷(ロックアイス)の値段が一番安い店は?コンビニ・スーパー・楽天価格を比較!
【全手順】J’sコンシェルの登録方法&おすすめの使い方を解説!
【裏ワザ】ティッシュペーパーを倍にして無駄遣いせずに使う方法
楽天ROOM(ルーム)で商品を買わずにオリジナル写真を投稿する方法!【楽天レンタル】
通信費を年間12万円節約する方法
フリーマーケットでお得にお買い物
最近の合宿免許はこんなにすごい!
食パンを家で作るのと買うの、どっちが安い?
【使い方】楽天ペイ×楽天カードでポイントを2重取りする方法!

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP