食材を安く買う7つの方法


読者の役立つ情報を提供したい、
自称『コンテンツ職人』のブログ。


こんにちは、なおとです。

今回は食材を安く買う7つの方法について書きたいと思います。

我が家では、イオンとイトーヨーカドーの2大スーパーを上手に使い分けて食材を安く買っています。

1.毎月8の付く日はイトーヨーカドーで買う!

イトーヨーカドーでは、毎月8の付く日はハッピーデーと題して、セブンカードなどの指定のクレジットカードの支払いまたはnanacoカードのお支払いで5%割引にしてくれます。

ちなみに私はセブンカードプラスというクレジットカードで支払いして、200円で3nanacoポイント付けてもらい実質還元率を6.5%ととしています。

2.毎月20日と30日はイオンで買う!

イオンでは、毎月20日と30日にお客様感謝デーと題して、イオンマークの付いたクレジットカードのお支払いまたはWAONカードでのお支払いで、5%割引にしてくれます。

ちなみに私はイオンカードセレクト(WAON一体型)でオートチャージしたWAONポイントで支払いして、実質還元率を6.5%ととしています。

3.毎月10日はイオンで買う!

イオンでは、毎月10日はありが10デーと題して、イオンマークの付いたクレジットカードまたはWAONカードのお支払いで、ポイントが5倍(200円で5ポイント付く)になります。

ちなみに、私はイオンカードセレクト(WAON一体型)でオートチャージしたWAONポイントで支払いして、実質還元率を3%ととしています。

4.毎月5の付く日はイオンで買う!

イオンは、毎月5の付く日にお客様わくわくデーと題して、イオンカードでのお支払いまたはWAONカードでのお支払いで、ポイントが2倍(200円で2ポイント付く)になります。

ちなみに、私はイオンカードセレクト(WAON一体型)でオートチャージしたWAONポイントで支払いして、実質還元率1.5%ととしています。



5.プライベートブランドを買う!

イオンやイトーヨーカドーでは、プライベートブランドの商品を売っています。

同じ品質のものでも、プライベートブランドで買えばより安く手に入ります。



6.夜に買いに行く!

刺身や惣菜などは、夜になると最大半額くらいまで割引シールが貼られます。

時間をずらすことで安く手に入ります。

7.生鮮食品は安くまとめ買いして冷凍保存!

セールで生鮮食品が安いときはまとめ買いしましょう。

家に帰ってきたら、ラップに包んで急速冷凍に!

これで1ヶ月は持ちます。

安いときはまとめ買い→冷凍保存でお得に買いましょう。

以上、我が家が実践する食材を安く買う7つの方法でした。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

スマホ(android&iphone)・携帯充電器のコンビニ・100均の値段比較!
ふるさと納税(申し込みから確定申告の仕方まで簡単解説)
固定資産税・都市計画税をお得に支払う3つの方法
プリンターのインクの減りが早い!インクをできるだけ長持ちさせる方法
新品を買う前にチェック!リユースで10万円以上も節約できるかも!
noimage
節ガスになる5つの方法
【基本】家庭でできる冬の節電方法9選
キドキド(ボーネルンド)の料金・お得なクーポン・割引情報【2019年】
食費節約のためのレシピ『鶏胸肉の唐揚げ』
<電力自由化>(ミツウロコグリーンエネルギー)東京標準プランの料金比較
トイレットペーパーとティッシュどっちが安い?実際に比較してみた!
コンビニ・100均【ダイソー】のボタン電池全種類と値段比較!
安全で衛生的、栄養価が高く経済的な食品とは?
食費節約のためのレシピ『鶏肉と豆腐のみそ炒め』

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP