果汁100%ジュースは安全じゃないって本当?


読者の役立つ情報を提供したい、
自称『コンテンツ職人』のブログ。


こんにちは、なおとです。

皆さんはジュースを買うときは、果汁100%のジュースを買いますか?

果汁10%や1%ですと、

果汁100%よりも水っぽいし、

100%ではないということは、

味を似せた偽物が入っているということになります。

果汁100%でないと身体によくない食品添加物が入っている可能性があるのです。

ということで、同じ値段ならば果汁100%ジュースを、

少々値が高くてもやはり果汁100%ジュースを選ぶかと思います。

私もジュースを買うときは果汁100%ジュースを選ぶようにしています。

その方が身体にいいので、安心して飲めるからそっちを選ぶという理由です。

しかし、果汁100%でも安全じゃないジュースがあります。

それは・・・

オレンジジュースやリンゴジュース。

なぜ、安全じゃないかというと原料が外国産のオレンジやリンゴの場合で、輸入果物にはポストハーベスト農薬が残留しているからです。

このポストハーベスト農薬とは、収穫後に使用される農薬で、防カビ剤のジフェニール、OPP、TBZ、イマザリルと呼ばれるものです。

ちなみに輸入する前のりんごに農薬を散布する映像がこちらです。農薬散布というか農薬シャワーです。

かなり毒性が高く、

残留性も高いにも関わらず、

ノーチェックで日本に輸入されているのです。

これを原料にしたジュースからは、

果汁100%でも5種類の農薬が検出されたりしています。

原材料名には、

「オレンジジュース」、「香料」の2種類しかなくても

実際には有害な農薬が含まれている可能性があるのです。

これでは、身体に悪いものを摂取していることになり、

果汁100%といえど、

果汁10%や1%とそんな変わらない有害なものをとっていることになります。

もし、ジュースを買うのであれば、

国内産のミカンジュースやリンゴジュースの方がより安全と言えます。

理由は、「輸入していない=ポストハーベスト農薬を使わなくて済む」からですね。

ちなみに最も安全なのは、有機栽培されたみかんやりんご100%ジュースです。製法はストレート果汁のものですね。

お値段もそれなりになりますが、最も安全な飲み物と言えます。

スーパーで売っている果汁100%ジュースを買うときには

原材料が国内産か外国産かくらいは見極めておきたいところですね。

皆さんも知らず知らずのうちに、農薬を口の中に入れてしまわないように気を付けてくださいね。

以上、果汁100%ジュースは安全じゃないって本当?でした。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

有機栽培=無農薬栽培ではない!?
肥満を防ぐ方法
輸入農産物の残留農薬(ポストハーベスト農薬)の危険性
無着色・無添加たらこの選び方
痛風にならないための3つの対策
食パンを家で作るのと買うの、どっちが安い?
食事から見直す免疫力を高める方法
がんを防ぐ方法
うつ病になったきっかけ
【セレブ愛用】ミランダ・カーが使用するヴァージンココナッツオイルの効能!
大豆イソフラボンの5つの効能
バナナの食べ方・選び方
食べる順番を変えるだけで健康になれる!
夕食が遅い人は太る!
noimage

健康の遊歩道

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP