食費節約のためのレシピ『ぶり大根』


読者の役立つ情報を提供したい、
自称『コンテンツ職人』のブログ。


こんにちは、なおとです。

今回は食費節約のために節約おかずを作ってみたいと思います。

作る節約おかずは『ぶり大根』です。

スーパーでぶりと大根がとても安かったため、これを作ることにしました!

普通は圧力鍋を使ってぶり大根を作るみたいですが、

料理初心者の私でも簡単に作れるように、

今回はフライパンでぶり大根に挑戦です。

それではそのレシピをご紹介いたします。

まずは材料から。

・ぶりの切り身300g
・大根1/2本
・生姜1かけ
・調味料
 ・水400ml
 ・醤油大さじ3
 ・砂糖大さじ3
 ・酒大さじ2
 ・みりん大さじ1

まずは、大根の下ごしらえから。

大根を食べやすいように一口サイズに切ります。

そして大根を柔らかくするため、沸騰した鍋に入れて10分ほど下茹でします。
2016.05.26食費節約のためのレシピ『ぶり大根』

次にぶりの下ごしらえをします。

切り身を食べやすい大きさにカットして、バットに敷きます。
2016.05.26食費節約のためのレシピ『ぶり大根』2

ぶり全体にかかるように熱湯を注ぎます。
2016.05.26食費節約のためのレシピ『ぶり大根』3

臭みがとれたら下ごしらえ完了です。
2016.05.26食費節約のためのレシピ『ぶり大根』4

次に調味料と生姜をフライパンに入れて沸騰するまで熱します。
2016.05.26食費節約のためのレシピ『ぶり大根』5

沸騰したら、大根とぶりをフライパンへ入れます。
2016.05.26食費節約のためのレシピ『ぶり大根』6

弱火~中火で15分ほど煮ます。

煮込み終わったら、ぶり大根の完成です。
2016.05.26食費節約のためのレシピ『ぶり大根』7

調理時間30分ほどで手早くできました。

ちなみに大根に味をしっかり染みらせたい場合は冷蔵庫で1日ほど保存するといいです。

1日経てば、味が十分に染みこんだ絶品ぶり大根となっていて、

とても美味しいです!

前々から和食の定番料理をどれか作れるようになりたかったので、

今回それが達成できて個人的にちょっと嬉しかったです。

さて、今回かかった費用は、

・ぶりの切り身300g(315円)
・大根1/2本(49円)
・生姜1かけ(49円)
・調味料(50円)
 ・水400ml
 ・醤油大さじ3
 ・砂糖大さじ3
 ・酒大さじ2
 ・みりん大さじ1

合計463円でした。

10人前のレシピなので、

1人当たり、約46円のおかずです!

いつもはぶりが高いのに、

今回はセール品として100g98円(税抜)だったので

とても安いおかずとなりました。

自炊こそが食費を最大限に節約するポイントですので、

皆さんも良ければ作ってみてください。

以上、食費節約のためのレシピ『ぶり大根』でした。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

共働き家庭が確定申告するメリット(医療費控除の仕方も解説)
【裏情報】TastyTableテイスティテーブル半額クーポンでお試しする方法!
食パンを家で作るのと買うの、どっちが安い?
【裏料金】レゴランド大阪の割引料金・年パス・クーポン・優待特典まとめ!
【裏料金】仙台うみの杜水族館のコンビニ値段・クーポン・割引・優待特典!
イオンカードセレクト(WAON一体型)のメリット・特典・レビューまとめ
【裏マニュアル】クラブオフに無料で会員登録するたった3つの方法を暴露!
食費節約のためのレシピ『鶏胸肉の青椒肉絲』
年賀状を安く買う方法
楽天カードのポイント還元率・メリット・特典・レビュー
自家製ソイラテ(スタバ風)で節約
最近の合宿免許はこんなにすごい!
<電力自由化>(イーレックス・スパーク・マーケティング)従量電灯Bの料金比較
【保存版】切手をクレジットカードで買う3つの方法
【全手順】J’sコンシェルの登録方法&おすすめの使い方を解説!

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP