Slider

【基本】家庭でできる冬の節電方法9選


読者の役立つ情報を提供したい、
自称『コンテンツ職人』のブログ。


スポンサーリンク

はじめに

こんにちは、なおとです。

関東では気温が氷点下を下回る日が多くなってきました。

冬本番です。

冬になると暖房が欠かせません。

暖房すると家庭の電気代が伸びます!笑

冬の電気代を1円でも節約したい。

そんな方に向けて、今回は家庭でできる冬の節電方法をまとめてみました。

最後までお読み頂き、参考にして頂ければ幸いです。

1.掃除機は15時にかけろ!

掃除機をかけるなら15時が良いです。

理由は15時に掃除機をかけると電気代が安くなるからです。

詳しく説明しますね。

まず、冬の一日の気温の変化について説明します。

時間0時3時6時9時12時15時18時21時
気温1℃0℃-3℃3℃6℃9℃5℃2℃

朝が一番冷え込みます。

その後気温はどんどん上がり15時頃ピークを迎えます。

◆朝や夜に掃除機をかける場合

「暖房を止める」⇒「掃除機をかける」⇒「換気する」⇒「部屋の温度が外気温と等しくなる(室内の暖気が外に逃げてしまい、室温急低下)」⇒「室内を元の温度まで暖房する(ムダな電気代が発生!!)」

◆15時に掃除機をかける場合

「暖房を止める」⇒「掃除機をかける」⇒「部屋の温度が外気温と等しくなる(しかし、15時は暖かいので室内の温度はあまり変わらない)」⇒「室内を元の温度まで暖房する(電気代を少なくできる!!)」

以上から、掃除機をかけるなら15時にかけた方が節電になります。

2.エアコンのフィルターを月2回掃除しろ!

フィルターがホコリなどで目詰まりしていると

エアコンに負担がかかり、電気をたくさん食います。

月2回くらいフィルターを掃除しましょう。

ここでフィルターを掃除の仕方を簡単にご紹介します。

まずエアコンのパネル周りのホコリを掃除機で吸います。
エアコンのパネル掃除

パネルのホコリを取らずにいきなりフィルターを外すとホコリが床に落ちる場合があります。
※ホコリが落ちると床の掃除が発生してムダな電気代がかかります。

次にフィルターを外しますが、ゆっくりそっと外してください。
勢いよく外すとフィルターのホコリが床に落ちます。
※先ほどと同様に床の掃除が発生するとムダな電気代がかかります。

外したら、外側を掃除機で吸いましょう。
※ホコリは外側についているので、内側から吸うと逆に目詰まりを起こします。
エアコンのフィルター掃除

掃除機だけである程度吸い取ったら、仕上げにシャワーで洗い流します。
流す方向は掃除機とは反対のフィルターの内側から流すとホコリが綺麗に取れます。
エアコンのフィルター掃除2

洗ったら日陰干ししてフィルターを戻して完了です。

3.節電効果が高いのはエアコン+扇風機!

部屋の暖房をエアコンだけに頼ってしまうと、

暖気が天井の方に上がってしまい、

床の方に冷気が溜まって効率よく部屋が温まりません。

このときエアコンの設定温度をいくらあげても床の冷気は解決できずに電気代は上がる一方です。

そこでエアコンだけに頼らず、扇風機も活用しましょう。

天井に溜まった暖気を掻き出すために、

扇風機を上方に向けて部屋の空気を循環させると部屋全体が温まります。

このとき、エアコンの設定温度を下げても部屋は暖かいままなので、

これが大きな節電につながります。

4.エアコンを付けるなら一つの部屋に絞れ!

あなたの家族は何人家族でしょうか?

4人家族ですか?

仮に4人家族であれば、エアコンは何台同時に使いますか?

一般的には2、3台でしょうか。

節電のためには、使うのは1台にしてください。

つまり一部屋に家族が集まってエアコンを使ってください。

一つの空間に密集することでお家の暖房効率を上げることができます。

これがあちこちの部屋で同時に2台、3台使うことになれば、電気代がそれだけ増えていきます。

5.カーテンや断熱シートで外からの冷気をカットしろ!

窓がある場合にはカーテンを閉めましょう。

特に北側にある窓は、日が入らないのでカーテンをして冷気をカットすることで、余計な暖房をしなくて済みます。

またおススメなのが「断熱シート」です。

断熱シートは、冷気をカットしてくれる優れものです。

窓に張れば冷気をカットできるだけでなく、

部屋の暖房効果を高めるのにも効果的です。

是非試してください。

6~8.冷蔵庫の節電

経済産業省の調査で、家庭でもっとも電気を使うのは冷蔵庫という結果が出ています。

冷蔵庫の節電を実践すると、効果が大きいので是非やってみてください。

6.冷蔵庫の開け閉め時間を極力減らせ!

言うまでもなく、冷蔵庫の開け閉めが多いと冷気が逃げてしまい、冷蔵庫の電気代が上がります。

特に暖房している部屋の中で冷蔵庫の開け閉めは極力減らしたいものです。

冷蔵庫の開け閉め時間が長くなってしまうパターンが、

“買ってきた物をどこに入れるべきか悩みながら詰め込むとき” と “必要なものをすぐに取り出せないとき” 。

扉を開けて、中をゴソゴソ整理したり、探していたら、あっという間に冷気が逃げてしまいます。

そうならないように冷蔵庫内マップを作りましょう

冷蔵庫のどこに何を置くか決める。

そして置くときには、パッケージ(納豆3個を束ねる包装プラなど)を予め取り除いておく

そうすると、最速で物を掴んで取り出せるので開け閉め時間が短くなり、無駄な電気をカットできます。

また開閉時間に左右されない節電方法として、冷蔵庫カーテンの利用があります。

冷蔵庫カーテンを取り付けると、冷気が逃げないので節電になります。

100円ショップで売っているので探してみましょう。

7.冷蔵庫の中は物を詰め込みすぎるな!

冷蔵庫の中はできるだけ詰め込みすぎないことが重要です。

庫内がギュウギュウに詰まっていると、冷気が通らずに冷えません。

特に冷気の吹き出し口付近を物で埋めてしまうと、冷気がそこでストップして庫内全体が冷えなくなるので注意してください。

冷えないと、機械が設定温度まで冷やそうと過剰に冷気を出して電気を食います。

スーパーで生鮮食品やアイスを冷やすためにもらった氷やドライアイスがあったら捨ててはいけません。

そのまま冷蔵庫に入れておくと庫内の温度が下がって、冷蔵庫の電気代節約につながります。

冷気は上から下に向かって流れるので、置く場所は上段が良いです。

8.冷凍庫の中はいっぱいにしろ!

冷凍庫は冷蔵庫と違い、隙間なく詰め込みましょう。

冷凍食品や保冷剤などでいっぱいにしておくと、冷気が逃げにくく電気代の節約になります

但し、長期保存用にお肉や野菜をたくさん凍らせる場合、

冷蔵から冷凍に移すと、食品を凍らせるまでに電気を食います。

むやみやたらと食品を冷凍させるのは、無駄な電気を食いますのでやめましょう。

必要な分だけを冷凍庫に回すようにするとトータルで節電になります。

9.電気カーペットの下に断熱シートを敷け!

電気カーペットを敷くときには、床と電気カーペットの間に断熱シートを使いましょう

床からの冷気を遮断して、効率よく暖めることができます。

効率よく暖めることができれば電気代の節約になりますね。

断熱シートは百円ショップで売られているので、

是非やってみてください。

まとめ

今回ご紹介したのはどれも基本的な節電方法です。

分かっていても面倒だからと、やらない人も多いです。

しかし、実践した人は必ず報われます。

そして毎年続けることで生涯的には数十万円も節電することができます。

意識次第で効果は雲泥の差ですね。

冬の節電をすることで、無駄な電気代をカットして、他の楽しいことにお金を使いませんか?

有意義な時間となって返ってくると思えば、節電も楽しくなりますよ。

以上、【基本】家庭でできる冬の節電方法9選でした。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

【裏料金】レゴランド名古屋の半額割引・クーポン・優待・キャンペーン特典は?
自家製ソイラテ(スタバ風)で節約
イオンカードセレクト(WAON一体型)のメリット・特典・レビューまとめ
トイレでできる節約術
コンビニ・100均【ダイソー】のボタン電池全種類と値段比較!
【保存版】じゃらんより安くファミリーロッジ旅籠屋に泊まる方法
有料のゴミ袋を節約する方法
トイレクリーナーを節約する方法
ヨドバシカメラゴールドポイントカード+のメリット・特典・レビューまとめ
DVD・CD・書籍を安く借りる方法
共働き家庭が確定申告するメリット(医療費控除の仕方も解説)
<電力自由化>(JXエネルギー)ENEOSでんきの料金比較
待機時消費電力を減らすグッズ
ソニー銀行の紹介キャンペーン特典で10,480円ゲット【おすすめ】
【裏ワザ楽天募金】楽天ポイントでふるさと納税して寄付金控除で節税する方法!~西日本(九州・四国・中国)豪雨~

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP