Slider

【Excel雛形】家族用ライフプラン表の無料ダウンロードと簡単な作り方!


読者の役立つ情報を提供したい、
自称『コンテンツ職人』のブログ。


スポンサーリンク

1 ライフプラン表の必要性

あなたのライフプランはもうお済みですか?

お済みであれば、この記事を読む必要はありません。画面を閉じて頂いて結構です。

まだの方は是非この機会にライフプランニングされることをおすすめします。

何故ならば、ライフプランが十分でないために、ここ数年で老後破産をされる方が多いからです。

関連コンテンツ

まず、ライフプランニングするとはライフプラン表を作るということです。

ライフプラン?と言われてピンとこない方へ、ライフプランが何なのか?を一言で申し上げると、

それは”人生の計画表“と言えば分りやすいでしょうか。

それでも漠然とし過ぎていて、イメージが湧きにくいかと思います。

具体的に示すと、こんな感じのものです。

人生には色々なライフイベントがあります!

代表的なライフイベントを挙げると、

就職
一人暮らし(独り立ち)
車購入
結婚
出産
車買いかえ
子育て
住宅購入
旅行
転職・起業
就学
リフォーム
定年退職
介護
葬式

があります。

これらのライフイベント時には必ず大きな出費が発生します。

収入がたくさんある人は、どんぶり勘定で生きていても問題なく暮らしていけるのかもしれませんが、

しかし、大概の人はどんぶり勘定で生きてはいけません

家計簿を付けて収支を管理しないと生活が成り立たないかと思います。

大きな出費を伴うライフイベントでは、毎月の給与の中から引き出そうと思っても足りないことがほとんどです。

よって、ライフイベントを実行する為に予め資金を用意しておかないといけません。

資金を用意するためにはコツコツと貯金しないといけませんね。

ただ貯金するだけでは、いつまでにいくら貯めないといけないのか分からないので、

行き当たりばったりになってしまい、ライフイベント発生時までに貯金できていないことが多いです。

ここで必要になってくるのが、ライフプラン表であります。

自分の年齢、家族の年齢に応じて、発生しそうなライフイベントを想定し、

必要な資金を見積もり、毎月の貯金額を決定します。

毎月の貯金額が決まったら、収入ー貯金額支出(上限額)が自動的にはじき出されます。

あとは支出(上限額)の中で生活をやりくりしていけば大丈夫ですよね?

家計簿とは別に年単位で一生分の収支管理をしていくためにライフプラン表を作っておくと、

人生を見える化でき、より安全な人生を歩んでいくことができます。

またあなたが人生で叶えたい夢があるとすれば、ライフプラン表に盛り込むことで実現するためにやるべきことが見えてきます。

ライフプラン表は夢を叶えるための計画書でもあるのです。

関連コンテンツ

ライフプランを作る必要性についてはご理解頂けましたでしょうか?

理解頂けた方は、早速ライフプラン表を作っていきましょう!

2 家族用ライフプラン表の無料ダウンロードと作り方

ファイナンシャルプランナーの方に教えて頂いて作ったオリジナルのライフプラン表(雛形Excel)ダウンロードできます。


※ファイル作成には細心の注意を払っておりますが、ダウンロード後に万が一デバイスに問題が生じても一切責任を負えません。

ダウンロードされた方はzipファイルとなっているので解凍してご使用ください。

解凍方法が分からない方はこちらをご覧ください。

それではファイルを開いていただいて作成方法を順に説明していきます。

2.1 シートの選択

ファイルを開くと、シートが2つあります。

ライフプラン表“という名前のシートを選択してください。

ちなみにシート全体にロックをかけています

個別に入力が必要なセルのみ、ロックを外してあります。

2.2 西暦の入力

現在の西暦を入力してください。

2.3 家族の入力

次に家族を入力してください。

将来子供が欲しい場合も入力します。

今回は4人家族(夫・妻・長男・長女)のライフプランを作成していきます。

2.4 年齢の入力

家族全員の現在の年齢を入力します。将来子供が欲しい場合は、マイナス値を入力します。例えば1年後に女の子が欲しい場合は”-1″と入力します。

2.5 資金の入力

昨年末の総資金を入力してください。※単位は万円です。

もし借金をしていた場合は、マイナス値を入力してください。例えば100万円の借入があった場合は”-100″と入力します。

資金がゼロであれば、ゼロと入力しておいてください。

2.6 昨年の世帯収入の入力

昨年の世帯収入を入力してください。※単位は万円です。

2.7 昨年の支出額の入力

昨年の支出額を費目ごとに入力してください。※単位は万円です。

ちなみに費目の名称は自由に変えられます。

入力すると年間支出の合計金額が表示されます。

以上で初期値の入力は完了です。

これから本格的にライフプラン表を作成していきます。

2.8 ライフイベントの入力

次にライフイベントを入力します。

例えば、1年後に子供が生まれる予定がある場合は、妻のライフイベント欄に”第2子出産”と入力します。

2.9 特別予算の入力

次にライフイベントに必要な費用(私は特別予算と呼んでいます)を入力します。特別予算のところに出産費用の合計見積もり金額を入力します。※単位は万円です。

参考情報として、一般的なライフイベントと現実的にかかる費用を3章でまとめて掲載しています。

ご覧になりたい方はここをクリックして3章までジャンプしてください。

2.10 今年以降の年間収入の入力

年間収入の行に、今年以降の世帯収入(見込み)を入力してください。

参考情報として、男女の年齢階層別平均年収表を用意したのでご活用ください。

年齢階層男性の平均年収女性の平均年収
~19歳158万円103万円
20~24歳271万円233万円
25~29歳383万円306万円
30~34歳451万円307万円
35~39歳510万円299万円
40~44歳567万円294万円
45~49歳626万円292万円
50~54歳670万円296万円
55~59歳652万円278万円
60~64歳479万円220万円
64~69歳378万円194万円
70歳~368万円217万円

(国税庁「平成27年 民間給与実態統計調査」より)

2.11 今年以降の年間支出の入力

今年以降の年間支出を、費目ごとに入力してください。

特に「住宅ローン」「教育費」「老後の生活費」は人生の三大支出と言われるくらい、

大きな支出ですので、できるだけ精度を高めるようにしましょう。

ここの精度が高ければ、ライフプラン表の実現性が高くなります!

ここが一番大変ですが、最後の作業ですので頑張って入力してください。

ただし精度が高ければ実現性が高いと言いましたが、所詮は未来の予測表です。

未来のことは誰にも分かりません。

完璧な計画を作って、がんじがらめになりすぎて、計画通りに絶対遂行しようとすると、

家族にストレスを与えてしまい、かえってうまくいきません。

後述してますが、実はライフプラン表は毎年12月に見直していくことの方が大事です。

最初の計画で完璧を目指すよりも、

ざっくり計画建てして、

毎年見直していく方がうまくいきます(笑)

ということで、過去の支出実績が残っているなら、それを元に予測するくらいで良いでしょう。

2.12 ライフプラン表の完成!

お疲れ様でした。ライフプラン表の作り方の説明は以上になります。

最後にライフプラン表を作った後の注意点をまとめましたので、

こちらからジャンプしてご覧ください。

3 参考)一般的なライフイベントと費用目安

参考情報として、一般的なライフイベントとその費用目安をご紹介します。

これから紹介するライフイベントは10万円以上かかるものをメインにしています。

大きな出費が発生するものほど慎重に見積もりたいところです。

3.1 【就職】

費用目安)10万円~20万円

就職するためには就活代がかかります。

人それぞれ就活する期間や面接回数が違うため、必要な金額は異なります。

他にも遠方の企業で面接した場合と地元の企業で面接した場合とでは交通費が違いますよね。

ここでは、平均的な費用について触れておきます。

例)
・スーツ・靴・鞄代(6万円)
・証明写真代(1万円)
・飲食代(3万円)
・交通費(5万円)
――――――――――――――――――――――――――――
計 15万円

3.2 【一人暮らし(独り立ち)】

費用目安)40万円~60万円

遠方の大学や会社に通うため、または実家から出て一人暮らしを始めたい方はお金がかかりますよね。

具体的にかかる費用を挙げると、

・家を借りるための費用
・引っ越し費用
・生活必需品一式を揃える費用

があります。

どのくらい必要になるのでしょうか?

相場を調べたところ、

・家を借りるための費用(35万円)*家賃6万円/月の物件を想定
・引っ越し費用(5万円)
・生活必需品一式を揃える費用(10万円)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
計 50万円

でした。

家は物件により変動するので、払える家賃をざっくり決めておいた方が見積もりしやすいです。

引っ越しは繁忙期に頼むと高くなります。荷物が少なめで自力でできるなら、それもありです。

生活必需品は、インテリアにこだわるなら高めに設定しておきましょう。

3.3 【車購入】

費用目安)車の本体価格×120%

地方に住んでいる人ほど車が必要になってきます。

車を買う場合の費用はいくらくらいで見積もっておけばよいでしょうか?

«新車を買う場合»
新車を買う場合は、車の本体価格と諸経費(自動車税、自動車取得税など)がかかります。

諸経費は、平均的に車の本体価格の20%程度します。

車の本体価格諸経費合計金額
100万円20万円120万円
150万円30万円180万円
200万円40万円240万円
250万円50万円300万円
300万円60万円360万円
400万円80万円480万円
500万円100万円600万円

«中古車を買う場合»
中古車を買う場合は、車の本体価格と諸経費(自動車税、自動車取得税など)がかかります。

諸経費は、残車検などにより変動しますが、平均的に車の本体価格の15%程度します。

車の本体価格諸経費合計金額
50万円7.5万円57.5万円
100万円15万円115万円
150万円22.5万円172.5万円
200万円30万円230万円
250万円37.5万円287.5万円
300万円45万円345万円
350万円52.5万円402.5万円

3.4 【結婚】

費用目安)520.7万円

人生の華やかなイベント!結婚!

婚約指輪に挙式や披露宴など華やかな分だけ費用が重なるイベントでありますが(笑)、

相場はいくらなのでしょうか?

・婚約にかかる費用(161万円)
・結婚式にかかる費用(359.7万円)
――――――――――――――――――――――――――――――――
計 520.7万円
(ゼクシィ「2016年全国平均」より)

婚約で一番かかる費用は、指輪ではなく結納金94.3万円でした。

結婚式の費用は、式場や料理、衣装などに左右されますが、

1人3万円ほど包まれるはずの御祝儀がありますので、実際はもう少し安く済むでしょう。

3.5 【出産】

費用目安)77万円

波乱いっぱいだけど人生で一番嬉しいイベントではないでしょうか。

出産では、分娩入院費、マタニティ・ベビー用品費、里帰りの交通費、内祝いなどの費用がかかります。

相場を調べたところ、

・分娩入院費(40万円)
・マタニティ・ベビー用品費(13万円)
・里帰りの交通費(5.8万円N)
・内祝い(8.1万円)
・初節句などのお祝い事(10.1万円)
――――――――――――――――――――――――――――――――
計 77万円
(たまひよnetより)

分娩入院費については、健康保険に加入していれば42万円の出産育児一時金が給付されるので、実質無料か数万円程度の負担で済む場合が多いです。

マタニティ・ベビー用品はお友達から譲ってもらったり、オークションなどで安く揃えられます。

初節句などのお祝い事では、実家からの支援が期待できるかもしれませんが、あまり当てにしない方が良いでしょう。

3.6 【住宅購入】

費用目安)物件価格:3,497.7万円、頭金:471.8万円

人生で最大のお買い物と言えば、住宅購入です。

住宅購入では物件価格ばかり見がちですが、

購入時には諸経費や頭金、購入後は固定資産税などがかかりますのでお忘れなく。

«新築マンションを買う場合»
諸経費は物件価格の3%~5%です。
頭金は物件価格の2割が平均的です。
固定資産税は土地・建物評価額の1.4%です。

«中古マンション、新築・中古の一戸建てを買う場合»
諸経費は物件価格の6%~13%です。
頭金は物件価格の2割が平均的です。
固定資産税は土地・建物評価額の1.4%です。

おおまかに住宅購入時のイメージをつかんでもらうために、国内の住宅購入事情を調べてみました。
・購入年齢(平均39.8歳)
・年収(平均601.8万円)
・住宅面積(平均104.9㎡)
・所要資金(平均3,494.7万円)
・頭金(平均471.8万円)
・住宅ローン返済(平均9.7万円/月)
(住宅金融支援機構「2016年度フラット35利用者調査」より)

3.7 【海外旅行】

費用目安)20万円~30万円

年に1回は行きたい旅行!

国内旅行もいいですが、最近では海外旅行が人気です。

独自で調査したところ、海外旅行の平均費用は20万円~30万円程度でした。

・海外渡航費(15万円)
・現地旅行費(4万円)
・お土産などの買い物(4万円)
――――――――――――――――――――――――――
計 23万円

3.8 【保育園・幼稚園】

費用目安)13.8万円~40万円

子供が初めて集団経験を体験する場、保育園や幼稚園!

入園するとなると、いくらかかるものなのでしょうか?

«保育園の場合»
認可保育園の場合は、保育料が平均3万円ほどかかります。

保育料は自治体によって変わりますが、一般的には1人目は全額、2人目は半額、3人目は無料となる傾向があります。

その他、給食費や延長保育料などがかかります。

認可保育園)
・保育料・延長保育料(38万円)
・給食費その他(2万円)
――――――――――――――――――――――――――
計 40万円/年

«幼稚園の場合»

公立か私立かで費用が大きく異なります。

私立に行くと、公立の倍以上の費用がかかります。

公立)
・教育費(11.9万円)
・給食費(1.9万円)
――――――――――――――――――――――――――
計 13.8万円/年

私立)
・教育費(32万円)
・給食費(3.7万円)
――――――――――――――――――――――――――
計 35.7万円/年

(文部科学省「平成26年度 子供の学習費調査」より)

3.9 【小学校】

費用目安)10.2万円~93.1万円

小学校に入ったら、毎年かかる教育費はいくらなのでしょうか?

調べたところ、私立に通わせた場合は、公立のおよそ9倍の費用がかかります。

公立)
・教育費(5.9万円)
・給食費(4.3万円)
――――――――――――――――――――――――――
計 10.2万円/年

私立)
・教育費(88.5万円)
・給食費(4.6万円)
――――――――――――――――――――――――――
計 93.1万円/年

(文部科学省「平成26年度 子供の学習費調査」より)

入学時にはランドセルや文房具、体操着、上履きなどを揃えるのに10万円ほどかかります。

またスイミングスクール、習字、英語教室、ダンススクール、中学受験のための学習塾など、習い事を始める時期でもあります。

上記費用に加えて学校外教育費も考慮しておきたいところです。

ちなみに私立中学受験をする場合は、1校あたり約1.8万円かかります。

3.10 【中学校】

費用目安)16.7万円~102.6万円

中学校に入ったら、毎年かかる教育費はいくらなのでしょうか?

調べたところ、小学校に引き続き、私立に行かせた方が、公立よりも6倍高いです。

公立)
・教育費(12.9万円)
・給食費(3.8万円)
――――――――――――――――――――――――――
計 16.7万円/年

私立)
・教育費(102.2万円)
・給食費(0.4万円)
――――――――――――――――――――――――――
計 102.6万円/年

(文部科学省「平成26年度 子供の学習費調査」より)

中学校に入ると、部活動があります。

部活動のため用具一式や交通費なども別途考慮しておくと良いと思います。

私立は入学金や寄付金、施設費などもかかります。

また高校受験のために学習塾に行く場合は費用が大きくかかるのでしっかり見積もっておきたいところです。

ちなみに私立高校受験をする場合は、1校約1.5万円、公立なら1校0.2万円かかります。

3.11 【高校】

費用目安)24.3万円~74万円

高校に入ったら、毎年かかる教育費はいくらなのでしょうか?

調べたところ、私立に行かせた方が、公立よりも3倍高いです。

小中学校ほどの開きはありませんでした。

公立)
・教育費(24.3万円/年)

私立)
・教育費(74万円/年)

(文部科学省「平成26年度 子供の学習費調査」より)

私立の場合、中高一貫校でも改めて入学金を取られますので注意が必要です。

高校では修学旅行が海外という学校が珍しくありません。

パスポート取得代に修学旅行費がかかってきますので、念頭に入れておきましょう。

また大学受験に備えて、予備校に通う場合は年に数十万~100万はかかるので予め用意しておきたいですね。

ちなみに大学受験をする場合は、センター試験受験料として約1.9万円、私立大学受験料として約3.5万円、国公立2次試験料として1.7万円(前後期それぞれ)かかります。

3.12 【大学】

費用目安)101.3万円~189.9万円

大学に行く場合はかなりの出費を覚悟しておきましょう(苦笑)

できれば学資保険に予め入っておきたいところです。

国公立)
・入学金(79.7万円)
・教育費(101.3万円/年)
――――――――――――――――――――――――――
計 181万円/初年度

私立文系)
・入学金(95.9万円)
・教育費(149.8万円/年)
――――――――――――――――――――――――――
計 245.7万円/初年度

私立理系)
・入学金(120.1万円)
・教育費(189.9万円/年)
――――――――――――――――――――――――――
計 310万円/初年度

(日本政策金融公庫「平成29年教育費負担の実態調査」より)

その他、通学費や仕送りなどで年間80万円ほどかかるので、奨学金制度やアルバイトでやりくりしたいところです。

3.13 【リフォーム】

費用目安)10万円~330万円

持ち家に長く住んでいると、5年サイクルでリフォームが発生します。

一般的には、5年間隔でシロアリ予防、10年間隔で外壁塗装、15年間隔で水回りの設備交換が必要になります。

それぞれにかかるリフォーム費用の相場を調べてみました。

・シロアリ予防(10万円)*40㎡を想定
・外壁塗装(100万円)*40坪2階建てを想定
・バス・トイレ・キッチンの交換(330万円)*必要最低限の交換を想定

その他にも屋根の老朽化に伴う修繕費の発生、

住宅全体の老朽化に伴う全面リフォーム、

老後に家の中をバリアフリーにするリフォームなど発生するかもしれません。

ちなみにリフォームをケチると、修繕不可能な状態に陥り、丸とっかえとなり、修繕費以上のお金が吹っ飛ぶ可能性があります。

緊急の出費が発生しないように、家のメンテナンスは定期的に行うようにしましょう。

3.14 【定年退職】

費用目安)-433万円~-2,156万円

人生の中で解放感に溢れるイベントと言えば、定年退職ですよね?

定年退職すると退職金がもらえると思います。

大半の人は退職すれば退職金がもらえると思っていますが、

何と!一部企業では退職金が出ないところもあるので、ご注意を!!

退職金が出るのか出ないのかは事前に確認しておきましょう(苦笑)

さて、退職金が出ると仮定してどのくらい退職金がもらえるのか、相場を調べてみました。

勤続年数大卒(管理・事務・技術職)高卒(管理・事務・技術職)高卒(現業職)
20~24年826万円505万円433万円
25~29年1,083万円692万円603万円
30~34年1,856万円938万円856万円
35年以上2,156万円1,965万円1,484万円

(厚生労働省「平成25年就労条件総合調査結果の概況」より)

学歴によって、かなり差がでています。

これを見ると、我が子には高校卒業で終わりでなく大学まで行って卒業して欲しいですね。

3.15 【介護】

費用目安)229.2万円

年を取ると認知症などを発症して介護サービスを受けなくてはならなくなります。

念のため、介護資金を計算しておくことをおすすめいたします。

ちなみに介護資金をいくら用意しておけばよいのでしょうか?

調べてみると、1人当たりの介護サービス費用額は、19.1万円/月となっています。
(厚生労働省「平成27年度 介護給付費等実態調査の概況」より)

介護が必要になった場合は、年間で229.2万円もかかります。

老後破産を起こさないためにも、予め介護資金を貯めておきたいものです。

3.16 【葬式】

費用目安)188.9万円

あまり考えたくないライフイベントですが、最後は家族が死んだときにかかる費用を考えておきましょう。

葬儀費用でかかるのは、葬儀一式費用・寺院費用・飲食接待費用です。

それぞれいくらが相場なのでしょうか?

財団法人日本消費者協会のアンケート調査結果によると、

全国平均は、

・葬儀一式費用(122.2万円)
・寺院費用(44.6万円)
・飲食接待費用(33.9万円)
――――――――――――――――――――――――――
計 188.9万円

となっています。

結構かかりますね。

しかし避けては通れないイベントですので、子孫に迷惑がかからないように資金を確保しておきましょう。

4 ライフプラン表を作成した後の注意点

苦労してライフプラン表を完成させて、やれやれとそのまま放置してはいけません

人間何かをやり遂げた後は達成感に溢れて、

見返したりしなくなるものです。

見返さなければライフプラン表を作った意味はありません!

もう一度言いますが、見返さなければライフプラン表を作った意味はありません!!

ライフプラン表を作った後の注意点を一つ挙げると、

それは”年に一度見返して更新すること“です!

せっかく作った表ですから、進捗管理も欠かさずやって人生が狂わないようにしましょう!

それでは年に一度更新することとは何なのか?

具体的にやるべきことをお伝えしておきますね。

«ライフプラン表の点検項目»

1.ライフイベントの見直し
2.特別予算の見直し
3.年間収入の見直し
4.年間支出の見直し

以下、項目ごとに説明していきます。

4.1 ライフイベントの見直し

まず、やって欲しいのがライフイベントの見直しです。

人生なんて計画通りにはいかないものです(汗)

例えば、出産の時期なんて、はっきり言って、神様しか分かりませんよね?

また交通事故を起こして廃車になってしまったら、必要であれば車を買わないといけません。

車両保険に加入していなければ、想定外の出費として発生します。

このように計画になかったことが起きた場合は追記して修正する必要があります。

4.2 特別予算の見直し

ライフイベントの見直しが入った後に必ずやっておきたいのが、

特別予算の見直しです。

ライフイベントと特別予算は=(イコール)でつながっています。

ライフイベントの変更とともに、特別予算の変更は必ず行ってください。

4.3 年間収入の見直し

3番目にやっておきたいことは、年間収入の見直しです。

見直し時期は今年一年の収入が確定したとき、または昇進や転職が決まったときです。

できるだけ収入見通しに大幅な誤差が出ないようにしましょう。

4.4 年間支出の見直し

最後にやっておきたいことは、年間支出の見直しです。

見直し時期は一年の支出が確定したとき(毎年12月)に、

費目ごとの実績値入力と将来の支出見通しの修正を行ってください。

こちらもできるだけ大幅な誤差が出ないようにしましょう。

4.4 最後に

以上、ライフプラン表(エクセル)の作り方からメンテナンスの仕方まで解説しました。

あなたの一度しかない人生を後悔せずに生きるために、ライフプラン表を有効活用しましょう!

もし、私の作ったライフプラン表で何か不具合などがありましたらお問い合わせください。

申し訳ありませんが、時間に余裕があるときに対応させて頂きます。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

ライフプランを作成する3つのメリット
人生100年時代構想のウソ&本当②~健康寿命が100歳でない真実~
年金を多くもらう方法
老後破産の現実!年金だけでは暮らせない厳しい現状とは?
保険マンモス無料相談の口コミ評判の裏側を暴露!上級FP指名方法は?
【裏ワザ】年金を満額もらう方法
老後に必要な生活資金はいくらか?
老後のために知っておきたい年金受給の話
人生100年時代構想のウソ&本当①~平均寿命が100歳でない真実~

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP