Slider

楽天ROOM(ルーム)のコレ禁止のマイルールを書くと売上が減る?


読者の役立つ情報を提供したい、
自称『コンテンツ職人』のブログ。


スポンサーリンク

1 楽天ROOM(ルーム)のコレ禁止にみるマイルールとは?

楽天ROOMのマイルール

こんにちは、なおとです。

みなさん、楽天ROOM(ルーム)、楽しんでいますか?

毎日新しい商品と出会える、楽天ROOM(ルーム)は本当に素晴らしいサービスだと思います。

頑張れば楽天ポイントを稼げますし、稼げれば楽しさがさらに倍増します!

さてさて、楽天ROOM(ルーム)を始めてから私は大体5万人くらいのユーザーさんと関わってきましたが、

本当にさまざまな方がいて、

皆様のセンス・関心・考え方、

どれも私にはないもので日々勉強させていただいています!

楽天ROOM(ルーム)では、たくさんの人が関われる素晴らしいSNSサービスでありますが、

たくさんの人が集まれば、そこでのトラブルもゼロではありません。(苦笑)

たとえば、

自分が2億以上の商品の中から、

何時間もかけて、

これは素敵だ!!

っと、満を持してコレした商品には、かなり愛着が湧くことがあります。

そして、その愛着が湧いた商品を、他のユーザーに無断で「コレ!」されると不愉快に感じることがあります。

不愉快に感じて、イラッ!!としてしまった方が大体適用するのが、

『無断コレ禁止』というマイルール!

楽天ROOM(ルーム)では、利用規約(公式ルール)以外に自分で勝手に作って他のユーザーに強制するルールを”マイルール”と呼ぶようですが、

あなたは、名前やプロフィールに『無断コレ禁止』を掲げている人を見たことはありますか?

感じ方は人それぞれですし、個々のマイルールを強制することが良い悪いなんて判断は楽天ROOM(ルーム)運営側がすることで、

本記事で取り上げるつもりはなく、

本記事で取り上げたいことは、

『マイルールを書くと、売上に影響をもたらすのではないか?』

ということです。

マイルールを書くと売上にどんな影響があるのか?

私の経験から考察してみました。

2 楽天ROOM(ルーム)のマイルール3選!

ルール・約束

本記事では、楽天ROOM(ルーム)でよく見かけるマイルールを3つ取り上げたいと思います。

①コレ禁止
②コレするときはいいねかコメントとセット
③古いコレにいいねしても返さない

それでは、それぞれのマイルールと売上との関係性を考察していきます。

2.1 コレ禁止

最初にマイルールのあるある1位(私の中の)、「コレ禁止」。

「コレ禁止」の意味は、他のユーザーが自分の商品をコレ!することをやめてほしいということです。

楽天ROOM(ルーム)の利用規約では、他のユーザーからもコレ!を了承することを前提としています。

第6条(コレ!)
4.ユーザーは、自己がコレ!したROOM商品が他のユーザーからもコレ!され、当該ROOM商品を紹介するために使用する画像等が他のユーザーに使用される場合があることを了承し、これに同意した上でモール商品等をコレ!するものとします。
引用元:「楽天ROOM利用規約」より抜粋

つまり、「コレ禁止」はマイルールな訳です。

少し話が脱線しますが、自分がコレ!するときには、センスや貴重な時間を少なからず使っているので、

他のユーザーにひょいひょいコレ!されると、なんか盗まれた??利用された???感じになり、

不快に思うときが私もあり、「コレ禁止」したくなるときがありました。

感情優先にしたいなら、「コレ禁止」した方がいいと私も思いますが、

売上第一としたいなら、そういう感情は二の次と考えます。

話を「コレ禁止」×売上の関係性に戻すと、

人付き合いを大事にするユーザーは、「コレ禁止」のマイルールを見れば、もちろん勝手にコレ!しないと思います。

逆にマイルールを見ていないのか、勝手にコレ!していくユーザーもいます。そういうユーザーへの対策は、コレ!を禁止するためにブロック機能を使うことになります。

どちらにせよ、コレ禁止を強制することで、他のユーザーからコレ!を抑止できます。

楽天ROOM(ルーム)では、他のユーザーからコレ!されることで、コレ!された数が増えて、商品ランキングやユーザーランキングに評価される仕組みなので、

つまり、コレ!を禁止することで、

『コレの数が減る⇒評価が上がらずランキングに入りにくくなる⇒あなたの商品の露出機会が減る』

このようにして、結果として売上が減る可能性があると私は考えます。

2.2 コレするときはいいねかコメントとセット

マイルールのあるある2位(私の中の)、「コレするときはいいねかコメントとセット」。

「コレするときはいいねかコメントとセット」の意味は、他のユーザーが自分の商品をコレ!するときは、商品をいいねしてからコレするか、

または「こちらの商品をコレさせて頂いてもいいですか?」と了承を求めるコメントを入れてOKのときだけコレするか、

もしくはその両方をやってからコレ!してほしいということです。

繰り返しになりますが、楽天ROOM(ルーム)の利用規約には、あなたがコレ!した商品は、他のユーザーからコレ!されてもいいというルールですので、

「コレするときはいいねかコメントとセット」もマイルールにあたります。

「コレするときはいいねかコメントとセット」のマイルールは、無断で(いいねやコメントを残さずに勝手に)コレ!することは禁止していますが、

いいねやコメントを残してくれるなら、基本的には、コレ!してOKな訳です。

時間をかけて商品をコレ!している側の気持ちとしては、いいねかコメントを頂くことがマナー(不快に感じないこと)だと思うでしょうし、

他のユーザーからコレ!されるというのは、自分のセンスを評価してもらったことになるので、嬉しい部分もあるはずです。

肝心の売上への影響については、いいねとコメントとコレがセットでされることで、

楽天ROOM(ルーム)での評価があがり、ランキングなどに入りやすく、売上にも好影響を及ぼすと私は考えます。

2.3 古いコレにいいねしても返さない

マイルールのあるある3位(私の中の)、「古いコレにいいねしても返さない」。

「古いコレにいいねしても返さない」の意味は、他のユーザーが自分の古い商品にいいねしても、お返しのいいねを返しませんということです。

楽天ROOM(ルーム)の利用規約には、いいねに関する記述がないので、これもマイルールと言えるでしょう。

このマイルールを課すユーザーは、商品ランキング上位を狙いたい人がよくやります。

基本的にいいねは、新しい商品に集まりやすいため、商品ランキングに常に入りたい人にとっては、新しい商品にいいねしてもらいたいのです。

なので、商品ランキングに入りたい人は、新しい商品にいいねを集めるために、自分の都合のよい、いいね返しをしてくれるユーザーは大切にするが、それ以外はぶっちゃけ無視する方も珍しくありません。

古い商品にいいねされても、何のメリットもありませんので。

ちなみにこのマイルールを主張する(もしくは主張せずに暗にやっている)人は嫌われやすいので、あまりおすすめしません!

売上は短期的には上がり、長期的には下がると考えます。

多くのユーザーから、ひんしゅくを買うかもしれないのでご注意を(笑)

3 楽天ROOM(ルーム)でマイルールを書くと売上が減る?

結論

楽天ROOM(ルーム)でマイルールを書くと売上が減る?の結論ですが、

売上重視で考えるなら、書かなくて良し!と私なら考えます。

理由は、現時点の楽天ROOM(ルーム)の仕組みでは、マイルールなしの人の方が売上があがりやすいようになっていると感じます。

ただ、自分がマイルールを書いていなくても、他の方がマイルールを書いていたら、

それはしっかりと守ってあげると、お互いのマナー(不快に感じることなくすむ)につながり、友好的になれて、最終的に売上につながるのではないかと思います。

マイルールうんぬんよりも、マナーの方が大切だったりして(笑)

それでは楽天ROOM(ルーム)のすべてを楽しんで、じゃんじゃん稼いでいきましょう!

関連コンテンツ

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

リア食5000ポイント達成!ポイント交換方法・換金方法を徹底解説!
楽天ルームで副業以上に稼ぐコツと【楽天ルームセミプロ】のやり方!
楽天ROOM(ルーム)のプロフィール画像で売上を伸ばす施策5選!
UTme!マーケットに出品してデザイン料を稼ごう!
楽天ROOMで間違えて自分で購入して売上にしたらアウト?【楽天アフィリエイトの話】
楽天ROOM(ルーム)で売上があがるコレのやり方を全部解説する!
楽天ROOM(ルーム)で商品を買わずにオリジナル写真を投稿する方法!【楽天レンタル】
楽天ROOM(ルーム)で初めて商品が売れたら絶対やるべき3つのこと!
さいつくでのアフィリエイトサイトの作り方(できる事・できない事)
noimage
noimage
楽天ROOM(ルーム)の小悪魔的フォロー術とフォロワーの増やし方!
リア食の概要・やり方・ポイントの付き方を解説
楽天ROOMでポイントを稼ぐ!儲かるやり方を仮説検証してみた!
【CASHb for 楽天銀行】はハッピープログラム対象?キャッシュビーアプリの違い・登録・やり方を解説!

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP