【保存版】ブログに集中できない人がやるべき脳科学的改善方法3選!


読者の役立つ情報を提供したい、
自称『コンテンツ職人』のブログ。


スポンサーリンク

1 ブログに集中できないのはなぜ?

こんにちは、なおとです。

ブロガー歴3年でブログを5つほど運営しています!

私がブログを書きはじめたころ、ちょくちょくブログに集中できない時間が発生していました。

そのときによく思ったのは、この時間を効率化できればもっと記事を量産できて、広告収入が増えたのに!!

というものでした(笑)

そこで脳科学的にブログに集中できる何か良い方法がないか調べてみました。

調べてみたところ、ブログに集中できない原因は、脳科学的に考えると大きく分けて3つあります。

それは、

①コンディション不足
②インプットが少ない
③タイムマネジメントの欠如

です。

逆に言えばこれらを改善すれば、あなたのブログ執筆時の集中力は数倍となり、効率よく記事を量産することができます。

ブログ界の超人と言われているイケハヤさん、マナブさん、

ブロガー兼YouTuberのもふもふ不動産のもふ社長も仕事の効率化はかなり考えておられるようです。

私もあなたも人を圧倒的に凌駕できるほどの集中力を身に着けたいなら、本記事を一読してみてください。

それではひとつひとつ原因と改善策を見ていきましょう。

2 ①コンディション不足&脳科学的改善方法

集中力が発揮できないときに、まず疑いたいのは体調不良です。

風邪をひいていたり、隠れうつ病であった場合、そもそも病気で脳が働かない状態で、「ブログ書くぜー!!」とはなりにくいですよね!

体調が悪い時には病院に行く、睡眠をとるなどして、しっかりと健康な状態を維持してブログを書きましょう。

健康である人が次に疑いたいのがコンディション不足です。

たとえ健康な状態であってもコンディションが整っていないと人間は集中できないものです。

運動不足や睡眠不足、過労や眼疲労などなど、コンディションが悪いときが人間であれば誰しもあるでしょう。

そこで脳科学的にコンディションが整いやすい条件を3つ提示すると、

まず5分間の軽い運動をしてから、ブログに取り組むと、集中力が長時間続きやすいという結果が出ています。

次に空腹な時ほど、意外と人間は脳が活性化することがわかっています。

最後に6時間以上の睡眠をとった後にカフェインの入ったコーヒーかお茶を飲んで20分後に頭がシャキッ!とすることがわかっています。

これらの条件を満たすのは、朝です。

目覚めてお茶かコーヒーを飲んで、軽めのランニングをして、やや空腹な状態で頭が目覚めてきた20分後からがゴールデンタイムの始まりです。

一番頭を使って書くブログはここで片づけることをおすすめします。

3 ②インプットが少ない&脳科学的改善方法

2つ目にブログに集中できない原因としては、インプットが少ないことです。

脳は知識や情報などのインプットがあまりにも少ないと、思うようにアウトプットできません。

アーティストなんかは頭の中があふれるくらいの大量のインプットを経て、思いがけないアイデアや創造性がようやくアウトプットされるそうです。

ブロガーの場合だと、ブログネタがあまりにないと、ネタ収集のためにネットや本で調べながらブログを書くというマルチタスクをついついやっていませんか?

脳科学的な研究結果によれば、マルチタスクができる人は人間の中でもほんの一握りで、大勢は単一タスクが得意な人ばかりなのです。

なので、単一タスクが得意な人がマルチタスクをやろうとすると必然的に脳の集中力は下がるので、ネタ収集はネタ収集で集中しないといけませんし、ブログの執筆は執筆で集中しないといけません。

従ってブログが集中できないときが多いときは、まず頭の中の情報量が足りてないかを点検して、必要な情報を補充しておきましょう。

情報収集が完結したら、再度ブログを書きましょう。

やや余談ですが、脳科学的にはインプット量は実は2~3割までが良いとされており、

残りの7~8割はアウトプットに充てるようにすると効率よく集中できるようになります。

インプット100でアウトプットゼロだと、それは稼げないただのノウハウコレクターとなってしまうので注意してくださいね!

4 ③タイムマネジメントの欠如&脳科学的改善方法

最後の3つ目はタイムマネジメントの欠如です。

タイムマネジメントの欠如というのは、作業時間を決めてない状態と言いかえてもいいでしょう。

たとえば記事を書くリミットを決めないでダラダラスマホをいじりながらタイピングしていると不思議なことにまともな集中力など出ずに記事がまとまらないことが多いです!

これは作業時間が長すぎてしまっていて、脳が集中できる時間枠を超えてしまっているのが原因だと考えます。

脳のメカニズムの大前提として、人の脳は好きなことほど集中力を発揮して、嫌いなものほど集中力が出ないものですが、時間制限だけは好き嫌いなど関係なく集中力が出るという研究結果が出ています。

たとえば仕事で期限や締め切りというものがありますが、これら時間制限に限ってはむしろ設定してあげた方が人間はお尻に火が付いたように集中力を発揮することが脳科学的にわかっています。

スポーツの試合も同じことが言えて、サッカーであれば90分間という限られた時間の中で相手よりも多くのゴールを決めた方が勝ちであるという時間制限が設けられているからこそ、スーパープレーや超絶プレーが連発して観客を沸かせることができるのです。

これをブログに適用するならば、1時間で記事を書き上げる!と決めて、キッチンタイマー機能を使って、とにかく粗削りでもよいので勢いで書き上げるというタイムマネジメントが有効になってきます。

このように期限というのは脳科学的には集中力を上げるライフハックと言えます。

時間制限があるだけでびっくりするくらい筆がすすむので、これは是非試してみてください!

ちなみに私はPCのそばにインテリアにもなる砂時計を置いていつでも集中できるようにしています。

 
 
おすすめの砂時計は30分計です!

理由は、集中力が30分単位で区切ると持続しやすいからです。

子供は最大45分間、大人であれば最大90分間、集中力が持続すると言われていますが、合間に少し休憩するとより集中力が持続しやすいので、私は30分計をPCのそばに置いて使います。

1時間で記事を書き上げるときには30分計を使えば前半と後半に分かれますので、1回だけひっくり返すことになり、合間にコーヒー休憩などをはさむこともできます。

また30分計をひっくり返すときに進捗が遅いときはもっと記事を書くスピードを上げるべきなども分かるので、時間と集中力をいい感じに調整しやすいのも利点だと思います!

5 まとめ

最後にまとめると、ブログに集中できない人がやるべき脳科学的改善方法3選は、

①体調とコンディションを整えてからブログを書くこと
②十分なインプットをしてからブログを書くこと
③時間制限してからブログを書くこと

となります。

あなたも脳のメカニズムを理解して、科学的に集中力を発揮できるように習慣化してみましょう!

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

関連記事はありません

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP