【レビュー】J’sコンシェルとベネフィットステーションの違いは?

本記事はこんな人におすすめ
  • J’sコンシェルとベネフィットステーションの違いがわからない方
  • J’sコンシェルかベネフィットステーションを利用してみたい方
  • J’sコンシェルとベネフィットステーションのどちらがよいか知りたい方
スポンサーリンク

【結論】J’sコンシェルとベネフィットステーションの違いを一言でいうと?

時間のない方に、

J’sコンシェルとベネフィットステーションの違いを一言でいうと

個人向けのサービスか、法人向けのサービスか。

おおざっぱにいうと、

J’sコンシェルは、Web会員サービス「インターコムクラブ」会員の個人向けサービスの名前です。

ベネフィットステーションは、企業や官公庁の法人向けサービスの名前です。

違いについて詳細解説する前に、概要をそれぞれ簡単に説明します。

J’sコンシェルとは?

J’sコンシェルの概要を簡単に説明すると、

ベネフィットステーションのサービスをカスタマイズして提供されている個人向けサービスで、

JACCSカードのWeb会員サービス「インターコムクラブ」会員の個人向けサービスです。

実際にJACCSのJ’sコンシェルサービス案内ページを見に行くと

「サービス提供:株式会社ベネフィット・ワン」という記載があるのがわかります。


(出典:J’sコンシェル|サービス案内より一部抜粋引用)

ベネフィットステーションとは?

 


(ベネフィットステーションより一部抜粋引用)

ベネフィットステーションとは、

株式会社ベネフィット・ワンが法人向けに提供する福利厚生サービス全般を指します。

法人との契約内容によってサービスがカスタマイズされて

従業員に福利厚生サービスとして提供されています。

ベネフィットステーションは

導入企業法人数が1.6万社以上(2022.07.23調査時点)です!

J’sコンシェルとベネフィットステーションの違いは?


本記事タイトルの回収です。

J’sコンシェルとベネフィットステーションを比較して、両サービスの違いをレビューしていきます。

比較ポイントは、利用者が特に気になるだろう❸つのポイントに絞りました!

比較ポイント
❶提携施設数
❷割引率
❸会費

それぞれのポイントについてわかりやすく解説していきます。

❶提携施設数

J’sコンシェルとベネフィットステーションの提携施設数が違います。

それぞれのサイト案内によればJ’sコンシェルは17万件以上、ベネフィットステーションは最大140万件です。(2022.07.23調査時点)

表❶  提携施設数
サービス名提携施設数
J’sコンシェル170,000以上
ベネフィットステーション最大1400,000~

最低?????

注意点として、ベネフィットステーションは法人が契約するプランによって件数が変わるので、個人(従業員)がコントロールすることは基本的にできません。

ベネフィットステーションとの契約次第で、提携施設件数も相応にカスタマイズされます。

❷会員価格割引率

J’sコンシェルとベネフィットステーションの会員価格の割引率が違います。

割引率についての結論は、すべてはベネフィットステーションとの契約内容によります。

ベネフィットステーションの価格設定は、J’sコンシェルと同等の価格設定もあれば、J’sコンシェルよりも割引がきいた価格設定もあります。

予備知識になりますが、ベネフィット会員には2種類のランクがあります。

【会員ランク】
・スタンダードコースA
・ゴールドコースB

当たり前の話なのですが、ランクが高いほど、割引率が高い傾向にあります。

ゴールドコースBの方がランクが高いので割引率が高めに設定されています。

ちなみにJ’sコンシェルとベネフィットステーションの割引率を調べたところ、

J’sコンシェル⇒スタンダードコースAの割引率(提携施設や提携内容のカスタマイズあり)
ベネフィットステーション⇒スタンダードコースAとゴールドコースBの両方の割引率(提携施設や提携内容のカスタマイズあり)

でした!

ゴールドコースBは、法人向けサービスなので、個人が入れるものではないです。

ゴールドコースBではないのですが、

株式会社ベネフィット・ワンの株式を最低800株保有していれば、ベネフィット・ステーションの株主優待として「株主様コースB」のサービスが受けられます。

この「株主様コースB」のBが、ゴールドコースBを指しているかは公式ページには明記されていないのでわかりませんでした。

※株主様コースBは、宿泊メニューを中心に株主様コースAのサービス内容をより優遇したものです。
※ガイドブックおよび会報誌は優待品に含まれません。サービス内容につきましては、 会員専用サイトをご参照ください。
※株主様コースでは、企業会員向けコースと一部メニューが異なる場合があります。
※提携施設および提供サービス内容は予告なく変更する場合があります。
(出典:株式会社ベネフィット・ワン株主優待ページより一部抜粋引用)

仮に800株を保有して「株主様コースB」の優待を受けたい場合は、

ここ数年の株価(2,000円~6,000円で推移)を参考にして考えると、

100株20万×8=160万円~100株60万×8=480万円相当の資金が必要になります。

大金なので誰でもなれるわけではありません。

❸会費

J’sコンシェルとベネフィットステーションの会費が違います。

それぞれのサイト案内によればJ’sコンシェルはカード年会費、ベネフィットステーションは一人あたり1,000円~1,200円/月です。(2022.07.23調査時点)

表❸ 会費
サービス名会費
J’sコンシェルカード年会費
ベネフィットステーション一人当たり1,000円~1,200円/月

ちなみにベネフィットプライベートという個人が入れるサービスがありましたが、現在は新規申し込み停止して、23年4月頃再開する予定です。

月会費が数百円~1,000円前後となっていますが、内容はスタンダードコースAの会員サービスをカスタマイズしたもののようです。

値段が安いほどに提携施設数や提携内容はダウンします。

ちなみにJ’sコンシェルの会費は無料で使う方法があります。

\詳しくはこちらの記事をご覧ください/

ベネフィット会員に無料でなる方法

 

スポンサーリンク