待機時消費電力を減らすグッズ


読者の役立つ情報を提供したい、
自称『コンテンツ職人』のブログ。


こんにちは、なおとです。

経済産業省の調査によると、

家庭の消費電力のうち、

6%が待機時消費電力を占めているそうです。

そもそも待機時消費電力というのは、

電気機器を使用していないのに消費される電力のことです。

電気機器はメモリー、内蔵時計、モニター表示、コンセント接続などで微量の電気が使われています。

主電源を抜かない限り、

電力は消費されるため、

電力の使い方としてはもったいないですよね。

電気代の6%って結構な割合を占めています。

我が家の場合だと、

年間10万円くらい電気代を払っているので、

6%だと6,000円は待機時消費電力に払っていることになります。

本当にそんなにかかっているのかな?と、

実際我が家の待機時消費電力がいくら使われているのか調査してみました。

まず電化製品を一切使わずに1時間の消費電力を計測しました。

計測結果は0.2kwhでした。

これが24時間×365日で1,752kwhとなり、

1kwh=25円とすると、

43,800円!!

あれれ?6,000円を上回る金額となってしまいました。

おかしいなと思って、よく調べたら、冷蔵庫の電源をオフにし忘れていました。

真夏に冷蔵庫を長時間電源オフにはできないので、

正確な待機時消費電力は結局分かりませんでしたが、

待機時消費電力が年間6,000円だとしたら、

10年で60,000円、

20年で120,000円、

30年で180,000円も電気代がかかると思うと、

早めに対策をしておいた方がお得ですよね。

とりあえず対策を打とうと思い新しく電源コードを買いました。

スイッチ付きの電源タップです。

誰もが一度は見たことがあるかと思います。

これに家の中にある主要電化製品のコンセントをさして、

不要なときには電源タップのスイッチをオフにすれば、

待機時消費電力をゼロにできるはずです。

節電のために2個買って試しに使っています。

数千円の投資ですが、

一生でみればトータルでお得になるはず。

地道な節電ですが、向こう何十年で見たらかなりの節電になるので甘く見てはいけませんよね。

簡単に変えられるところなので、今回やってみました。

最後までお読み頂きありがとうございました。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

【基本】家庭でできる夏の節電方法9選
noimage
【おすすめ】トイレットペーパーを安く買う方法|まとめ買いで激安12円!
Amazonファミリーでおむつ・おしりふきが安く買える!
電気代を節約する方法~精神編~
自家製プリンと市販プリン、どっちが安い?
【使い方】楽天ペイ×楽天カードでポイントを2重取りする方法!
キャラクターグッズが安くなるとき
<電力自由化>(JXエネルギー)ENEOSでんきの料金比較
<電力自由化>(ミツウロコグリーンエネルギー)東京標準プランの料金比較
年賀状を安く買う方法
トイレクリーナーを節約する方法
共働き家庭が確定申告するメリット(医療費控除の仕方も解説)
【裏ワザ】ティッシュペーパーを倍にして無駄遣いせずに使う方法
<電力自由化>(東燃ゼネラル石油)従量電灯Bの料金比較

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP