横浜インビテーションカードでベネフィット会員になるメリット5選!

★横浜インビテーションカード申込はこちら★
ジャックス 横浜インビテーションカード(ハマカード)

本記事はこんな人におすすめ
  • 横浜インビテーションカードでベネフィット会員になれるか知りたい方
  • 横浜インビテーションカードでベネフィットステーションを利用したい方
  • 横浜インビテーションカードでベネフィット会員になるメリットが気になる方
スポンサーリンク

横浜インビテーションカードでベネフィット会員になれるのか?

横浜インビテーションカードを所有していれば、ベネフィット会員になれるのか?
福利厚生サービス「J’sコンシェル」を通してベネフィット会員になることができます。

ジャックス 横浜インビテーションカード(ハマカード)は、レジャーに便利なカードで、福利厚生サービス「J’sコンシェル」を利用できます。

株式会社ジャックスは株式会社ベネフィット・ワンと提携していて、福利厚生サービスの “ベネフィットステーションの一部” をJ’sコンシェルでカード会員に提供しています。

名前は違いますが、J’sコンシェル≒ベネフィットステーションだと思ってください。

ただし、カードを作っただけではJ’sコンシェルを使えません。

利用登録申請することでJ’sコンシェルを通してベネフィット会員になれます。

J’sコンシェルの登録方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

横浜インビテーションカードでベネフィット会員になるメリット5選!

それでは、横浜インビテーションカードでベネフィット会員になるメリットを❺つご紹介します。

❶J’sコンシェル(ベネフィットステーション)の会費が無料
❷個人でJ’sコンシェル(ベネフィットステーション)を利用できる
❸個人加入だから会社にバレない
❹付帯保険が充実している
❺J’sコンシェルでカード決済できる

それぞれのメリットを詳しく解説していきます。

❶J’sコンシェル(ベネフィットステーション)の会費が無料

❶つ目のメリットは、J’sコンシェル(ベネフィットステーション)の会費が無料という点です。

通常は、ベネフィットステーションを利用するのに月会費330円~1,000円ほどかかります。

しかし、横浜インビテーションカードの年会費は無料なので、J’sコンシェル(ベネフィットステーション)の会費も無料です!

有料サービスを無料で利用できるのは優遇されているカードと言える。

❷個人でJ’sコンシェル(ベネフィットステーション)を利用できる

❷つ目のメリットは、J’sコンシェル(ベネフィットステーション)は個人で利用できるという点です。

ふつうは、法人や官公庁の福利厚生でベネフィットステーションを契約しないといけません。

個人が個別に契約を結んでベネフィットステーションを利用するパターンは限られています。

しかし、横浜インビテーションカードを所有している人は特別で、付帯サービスにJ’sコンシェル(ベネフィットステーション)が存在します。

個人がベネフィットステーションを使えるカードなので、貴重だと言える。

❸個人加入だから会社にバレない

❸つ目のメリットは、個人加入だからベネフィットステーションの利用履歴が会社にバレる心配がないという点です。

ふつうは、法人や官公庁の福利厚生でベネフィットステーションが使えるケースがほとんどという話をしました。

その場合に、ベネフィットステーションの利用履歴が会社にバレるパターンがあります。

利用履歴が会社にバレるのが嫌な方は、J’sコンシェル(ベネフィットステーション)に個人加入するメリットがあります。

❹付帯保険が充実している

❹つ目のメリットは、付帯保険が充実しているという点です。

普段、カード付帯保険を気にされていない方は改めて注目してみてください。

付帯保険とは・・旅行先での偶然の事故に伴うケガや病気などに対して、ケースバイケースで一定の補償が支払われるもの。

簡単にいうと、個人向け旅行保険がカードにくっついているイメージです。

横浜インビテーションカードの付帯保険はというと、

(1)海外旅行傷害保険は最高2,000万円で自動付帯。
(2)国内旅行傷害保険は最高1,000万円で利用付帯。

自動付帯・・・クレジットカードを所有するだけで適用される保険のこと。
利用付帯・・・旅行中の航空チケットやツアー料金などをクレジットカード払いにした場合に適用される保険のこと。

これだけの補償金額がついているクレジットカードは、ふつうは年会費がかかるものが多いです。

※横浜インビテーションカード年会費は無料。

横浜インビテーションカードの付帯保険を使えば、補償金額を上回る分だけ旅行保険に入ればいいので、保険料の節約にも貢献してくれる。

❺J’sコンシェルでカード決済できる

❺つ目のメリットは、横浜インビテーションカードはJ’sコンシェルで決済できるという点です。
※2022年7月調査時点

まだJ’sコンシェルを一度も利用していない人にとっては、次のような疑問を抱くはずです。

『決済できる点のどこがメリットなの?』と。

実は、J’sコンシェルの優待サービスの支払いで、決済できないクレジットカードがあります。

「J’sコンシェルで決済できるクレジットカードを持っていない=支払方法がクレジットカード限定のサービスは申し込むことができない」

という理屈です。

サービスが利用できないとなると、J’sコンシェルに登録している意味がなくなります。

横浜インビテーションカードはJ’sコンシェルで決済できるから、優待サービスを使い倒すならおすすめ。

横浜インビテーションカードでベネフィット会員になるデメリット!

ここまで横浜インビテーションカードでベネフィット会員になるメリットばかり触れてきましたが、デメリットにも触れたいと思います。

J’sコンシェルは提携施設数が170,000件以上(2022年12月現在)となっていますが、少ないと感じる方にデメリットだと思います。

ただ、実際に使ってみるとわかりますが、少ないどころか使いきれないですよ?(^^;)

170,000件という件数よりも、欲しいサービスがあるかないかの方が重要ですよね?

どんな施設があるのかの紹介とJ’sコンシェルの登録方法については、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

マイナーな施設になってくるとわかりませんが、主要な施設は抑えられていると感じています。

毎日お宝さがし状態で私は楽しいです。

お宝さがしの例として、プレゼント応募があります。

【当選したときの通知メール】
ベネフィットステーション当選

他にもpaypayボーナスプレゼントにも応募して当選したことがあります。

皆さんもぜひ、ジャックス 横浜インビテーションカード(ハマカード)をつくってJ’sコンシェル(ベネフィットステーション)を試してみてください。

家計の節約になにかと活躍してくれるはずです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク